たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

映画

「君の名は」をDVDで見た

何かと評判の「君の名は」が新作で並んでいたので、レンタルして見た。ネタバレがあるので、見たくない人は見ないで下さいな。
640

続きを読む

映画「聖の青春」を観た

村山聖九段の生涯を描いた映画「聖の青春」を観てきた。この先はネタバレも多いので、そのつもりで。
続きを読む

村山聖九段の映画化決定

夭折した村山聖九段の生涯が映画化されるらしい。原作は大崎善生さんの「聖の青春」だ。今のところ、村山九段役に松山ケンイチということしか発表が無く、松山さんは役作りのため増量しているようだ。うむ、その意気やよし!

村山九段が亡くなって早くも17年、それでも村山さんはたまごどんの中に、ファンの中に生きている。この映画は見に行くことになるだろうなあ。
bb09117f2e0892ec1acf641e5c84054b

ドラえもん STAND BY ME

ドラえもんの3D映画がTV放送されたので、録画をしつつ見た。ドラえもんはイヤイヤ20世紀(いや、21世紀か?)に来させられているという設定で、例えるならお邪魔ユーレイくんだな。出木杉くんにしずかちゃんを奪われないために、ドラえもんの道具に頼るのび太。その結果は、ドラえもんの黄金法則が発動して、裏目に出るのだった。
1440937699029














今回の映画は、ドラえもんの登場→しずかちゃんへのプロポーズ→結婚前日→ドラえもんとの別れと再会という構造だ。一つ一つの話はかなり覚えているもんですねえ。たまごどんの耳は現在の声優さんの声にも馴染んでいるので、全く違和感なく没頭できた。

意外とキタのが、しずかちゃんのパパの名シーンだ。こんな風にたま子に言えるパパでありたいけどなあ。
1440940670390

平成狸合戦ぽんぽこを初めて見たけど

これって誰を対象とした映画で、どこが面白いの?

高畑監督は、「母を訪ねて三千里」や「じゃりん子チエ」が良かったんだけどねえ。「火垂るの墓」以降は迷走していたようだ。

yjimageSQ87DUWB

ポニョを見せてます

宮崎アニメの「崖の上のポニョ」のDVDを買って、何度かたま子に見せている。ポニョはたまごどんが映画館で見た映画で、全然面白くなかったというレベルのものであった。そんなのをなんで買ったのかというと、「となりのトトロ」を100回以上見ていい加減飽きちゃったという理由と、ハウルやもののけ姫よりはいいかという消去法による理由だ。

声優の力量次第ではもうちょっと面白くなるのになあ。訳の分かんない登場人物が多すぎるよ。当時の感想はいちいちごもっとも。フジモトの声優さんは千葉繁でよかったんじゃない?本当は大人の事情ってやつがあるんだろうけど。

奥さんは初めてポニョを通して見たそうで、第一声が「つまんない」だった。むむぅ、そういうことをダンナにフェースツーフェースで話しますか。DVD代はお小遣いから捻出していますので、手心の配慮を宜しくお願いします。
m(_ _)m

20080804_230501

ロボジーを観た

ロボジーを奥さんと観ました。で、感想を書いちゃう訳ですが。

まずは、普通の娯楽作品としては十分な出来だと思う。木村電気の開発部員である小林(濱田)、太田(川合)、長井(川島)がなかなかにいい味出していた。チャンカワイもいい演技していましたよ。ロボジーに入る鈴木爺さんはミッキーカーチス改め五十嵐信次郎さん。偏屈なじいさん役が上手ですなあ。ヒロインの佐々木葉子を演じたのは吉高由里子さん。なにより可愛いし、ロボットオタクの理系女子っぽい感じがよかった。

途中までは大変楽しみました。しかし、この先はネタバラシをしつつのたまごどんの感想になるんで、映画情報を耳に入れたくない方は退席して下さいな。
続きを読む

ロボジー

ちょっと前に、会社にロボジーという映画についてPRが回ってきた。映画?今の会社はお堅いことで有名で、簡単に言えばクソ真面目な社風だ。なので、映画のPRが回覧されるなんてことは、普通はあり得ない。

なんでも矢口史靖監督は、うちの会社のマスコット人形「ムラタセイサクくん」を見て、このロボジーという発想に至ったらしい。開発担当者に当時の開発秘話や苦労話の取材も行ったようなのだ。へ〜〜、へ〜〜、へ〜〜〜。

という訳なので、たまごどんも公開されたら観にいくことにする。ハッピーフライトは面白かったしな。


あしたのジョーを観て来ました

あしたのジョーを観て来ました。リンク先をトップにすると音が出るので、人物相関図のところにしてある。

力石役の伊勢谷友助は、物凄い体を作り上げたもんだ。力石vsジョーのハイライトである狂気の減量は凄まじく、試合前日の計量シーンは、伊勢谷の役者魂が輝いていた。流石は高杉晋作さん、見上げたものです。

ジョー役の山Pはかなり雰囲気が良かった。けど、映像の角度によってだけど、ときどきKABA.ちゃんに見えちゃうんだよなあ。

00152

ソーシャルネットワーク

日曜日にソーシャルネットワークを奥さんと一緒に観た。この映画は世界最大のSNSであるフェイスブックを創ったマーク・ザッカーバーグの中心に、フェイスブックの誕生から世界的な拡大、そして共同創業者であるエドゥアルド・サヴェリンが訴訟を起こすまでを描いた映画である。

彼が女性にフラれ、酒に酔った勢いで作った女の子の顔の格付けサイト「フェイスマッシュ」を立ち上げる。サイトは瞬く間に話題となり、公開から2時間で2万2000アクセスを記録するが、4時間後には大学側に潰されてしまう。

話が聞き取り調査のシーンの回想として進み、しかも大学の懲罰委員会とウィンクルボス兄弟との訴訟シーンが混ざるため、たまごどんは目を白黒させながら観ていた。奥さんに至っては、すっかり参っていたようだ。それでも、この映画は面白かった。世界最年少の億万長者であるマークは、世渡りと人情に疎いプログラムオタクとして描かれている。巨大サイトとなったブックフェイスに群がる大人の欲深さも描かれていて、なかなかに興味深かった。

興味ある人は、観て損ではないかもです。
 
Profile
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ