科学雑記

2021年03月09日

首だけから再生するウミウシとな!

なんと、自分で胴体をぶった切って、首から再生するウミウシが見つかったという。


胴体から切り離した首でうごめく姿が、まあ気色悪い。首だけでエサを食べ始め、切断面は1日で完治、心臓は一週間で、そして全身は3週間で再生したそうだ。鬼滅の刃でいうと、下弦の鬼のチョイ下くらいの再生能力かな。

胴体を切り落とす理由としては寄生虫があるようだ。体がむず痒いから、胴体を切り落とすというのもなかなかに凄い。発見者は奈良女子大の大学院生である三藤さんは面白いテーマだから、頑張って研究してほしい。

00_m









たまごどんは、このウミウシを見て、あさりよしとおの宇宙家族カールビンソンを思い出した。画像の彼は頭だけで走り回っていたように思うのだが、画像が見つからなかった。
DqcDzotU0AAZBFv





th302d at 23:29|PermalinkComments(0)

2021年03月06日

中田敦彦氏がプレゼンするフェルマーの最終定理は面白い

オリエンタルラジオのあっちゃんこと中田敦彦氏がYoutubeをしていることは知っていたが、たまごどんは観たことがなかった。最近ABC予想を証明したとされる望月教授の論文の査読が完了して掲載決定となったというニュースがあったので、そのときの検索で、中田氏のYoutubeを見つけたのだ。内容は、サイモン・シンのフェルマーの最終定理のプレゼンだった。どれどれ、お手並み拝見といくか。

面白い!いや、しくじり先生で彼のプレゼンが凄いことは知っていたが、本筋をここまで要約しつつも、エンターテーメントの枠を外さないとは。彼のプレゼンを観ることで、3回以上繰り返して読んだあの本を、もう一回読もうかなと思わせてくれた。

彼のプレゼン能力は大したものです。食わず嫌いは止めて、コンテンツを色々と観てみるかな。





th302d at 23:55|PermalinkComments(0)

2021年03月04日

事実に基づいて自分で判断すること

キンシャチさんのブログでこんな記事を見つけた。

>僕のブログで表示されているTBの履歴は今やネトウヨになってしまったたまごどん氏のブログと、尊敬しているたんぽぽさんのブログだけ

たんぽぽさんを持ち上げる一方、たまごどんはネトウヨなんだそうだ。そう判断するのは彼の自由である。キンシャチさんがたまごどんが行く!にコメントしたのは、なぜたまごどんはネトウヨと呼ばれるリスクを背負って慰安婦問題に首を突っ込んでいったのかが最後だ。

コメント37で彼はこう書いている。

=================
たまごどんさま。

回答ありがとうございます。あなたのお考えはわかりました。
僕は紹介していただいたヘイト書籍を読みません。たまごどんさまはこの手の本を他にも読んでいるのでしょうか?
=================

たまごどんは自分が興味を持ったことに対して情報を収集する。なので、他に読んでいるのかという問いの回答は「他にもいっぱい読んでいる」が正解だ。彼は、たまごどんが認識している韓国の蛮行に対して誤りを指摘せず(できず)に、たまごどんにネトウヨのレッテルを貼った。

たんぽぽさんにしてもキンシャチさんにしても、彼らに嫌われないようにすることは簡単だ。こっそり行った調査結果をそっと握りつぶして、彼らの期待する立場で発信すればいい。しかしなあ、その行動様式はとどのつまり、自分の考えよりも他者の気持ちを優先し、忖度することに他ならない。たまごどんは出来る限りの調査をし、それを自分の頭で考え、意見を表明する方が好きだ。それで二、三人の知人が離れることになってもかまわないと思っている。

嫌われる勇気ってことになるのかね?親や教師が望む通りに生きていく「いい子ちゃん」という人生は、いずれ破綻する。自分で決めたこと、自分の調査結果に対して責任をとるのが正しい道だ。この場合の責任とは、事実に対して謙虚になることだ。たまごどんがネトウヨになって悲しんでいる方は、情報の間違いを指摘してください。これが一番効果があります。

たまごどんは今までも、これからも、自前のアンテナと情報解析によってこのブログを発信していくつもりだ。




th302d at 23:48|PermalinkComments(0)

2021年02月23日

12345679×9nの技をたま子に教えた

ちょっと前のことになるが、たま子に電卓技を教えた。12345679に9の倍数をかけるとというアレだ。
その結果と理屈については、ここにあるので見てみてください。

たま子は友達に教えたらしく、ちょっと得意気だ。たまごどんもこの技を小学生くらいでクラスの誰かに教えてもらったんだよなあ。

廃れるものは仕方ないが、伝統をあえて絶やすことはないやね。



th302d at 23:58|PermalinkComments(0)

2021年02月05日

日本の死者数は減っているそうな



>コロナ禍にも関わらず、日本の死者数が減っている。1月19日に発表された厚労省の人口動態統計速報によると、昨年1〜11月の死者は約125万人で、前年同期比で約1万5000人も減少した。第3波で12月に新型コロナの死者が急増したものの、年間を通しての死者数は11年ぶりに前年を下回るとみられる。なぜこんな現象が起きたのか? 可能性の1つとしてあげられるのが、コロナ感染を恐れた「受診控え」だ。

ふーむ、これは面白いデータだ。病院は体を治すところでもあるが、感染リスクの高い場所でもあるということか。医者嫌いが長生きするというのも、いわゆるマーフィーの法則だけではなく、科学的根拠のある説なのかもしれないな。

そういえば、たまごどんはコロナ禍になってからほとんど発熱していない。おかげで有休がちっとも減らないのだ。マスクと手洗いには効果があるんだなあと思いました。

th302d at 23:48|PermalinkComments(0)

2021年02月02日

マスコミ屋さんはHPVワクチン報道を猛省しなさい

コロナウィルスワクチンにはたまごどんも期待しているが、まず日本のワクチン報道についてマスコミ屋さんは反省してもらいたい。



======================
それもつかの間、2013年にはヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種後の体調不良をめぐってマスコミ報道が過熱した。その後、政府はHPVワクチンを公費で受けられる定期接種に残したものの、対象者へ自治体が接種を案内する積極的勧奨を中止。その後の追跡調査で因果関係は証明されなかった。

 海外では広く接種されているHPVワクチンだが、英医学誌「ランセット」(The Lancet)の記事によると、日本でのHPVワクチンの接種率は70パーセントから1パーセント以下まで落ち込んでおり、「専門医としては非常に残念な状況」だと矢野教授は嘆いた。
=======================

奥さんはHPVワクチンを打っているのかな?たま子には接種可能な年齢になったら打ってもらおう。

th302d at 23:33|PermalinkComments(0)

2021年01月25日

医心電信、筋肉注射を語る

こういう記事を待っていたんよ。新型コロナワクチンは筋肉注射に 皮下注射と違いは?というNATROMさんの記事だ。




奥さんにも早速読ませて、ワクチンの心構えを持ってもらう。たまごどんの教育が効いたのか、彼女は今回のワクチンには危険が少ないと正しく認識してくれたようだ。

それにしても筋肉注射か…。昔の予防注射は保健室の先生も打っていたと記憶している。結構深々と針を入れていたんだけど、あれって筋肉注射だったんかなあ。

てか、保健室の先生が注射を打ってもよかったんだろうか?たまごどんの住んでいた四国はほぼ外国、倭寇が瀬戸内海を支配する修羅の国だったから、そうしたことも仕方なかったのかもしれない。



th302d at 22:45|PermalinkComments(0)

2021年01月24日

写真の演出について

毎日新聞の記事「報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み」がたいそう面白かった。といってもこの記事は有料で、たまごどんは無料部分しか読んでない。

新型コロナによる緊急事態宣言というのに、こんなに人込みが凄いんですよという写真は、今のSNS発信時代には通用しなくなった。何といってもしばらく待てば、写真に詳しい方の解説が読めるのだ
。「これ望遠で撮ったでしょ。圧縮効果で人込みに見えるだけ」という情報を教えてくれる。

カメラマンのテクニックの一つだった望遠レンズの圧縮効果では大衆を騙せなくなっている。たまごどんはカメラの効果を詳しく知らないが、様々な専門家のいるSNSの集合知の方が確かだ。これはいいことだと思う。まだるっこしくてピンボケの解説をTVで聞くよりも、信頼のおける方からの情報発信を待つ方がはるかに役に立つ。

そういえば、テレビの心霊写真特集番組も完全に消失した。写真加工が容易になったこと、カメラの性能が格段に良くなり、光線の映り込みが減ったことが理由だろう。大分前に放送された、フォト加工して心霊写真に似せた写真を霊能士に鑑定してもらうというお笑い番組が、たまごどんの心霊写真の最後の記憶だ。

UFO番組もきれいさっぱり無くなった。ドラレコ機器やスマホ機器が普及するにつれて、「UFOが地球に来ている決定的証拠」と主張する動画は存在しなくなった。理由は…分かるよね?

テレビや新聞の常套手段であった両論併記も化けの皮が剥がれやすい。例えば、韓国が主張する「朝鮮半島で強制連行された慰安婦」は存在しない。もしこれを読書だけで検証しようとしたら大変な作業だが、ネットの検索機能によって資料は集められる(それでもたまごどんは、1カ月以上の資料読み込みを必要としたが)。

メディアリテラシーを得るための道具として、インターネットは極めて優れたツールだ。じゃあインターネットのメディアリテラシーはどうやって得るの?それはインターネットでだ。ネットは玉石混淆、だがそれがいいのだ。

5GrjgmbO

th302d at 23:50|PermalinkComments(0)

2020年12月06日

おかえり、はやぶさ2

12/6の午後3時にはやぶさ2の回収カプセルが地球に帰ってくる。はやぶさ2は地球から離れ、小惑星の探査に向かうようだ。

おかえり、はやぶさ2。ありがとう、そしてお疲れ様。





th302d at 02:53|PermalinkComments(0)

2020年11月19日

華氏を説明しよう

華氏とは、水と氷が共存する温度と健全な男性の体温を固定点とする温度である。

ちなみに、健全な男性が、華氏提唱者ガブリエル・ファーレンハイトその人を指すことは、賢明な読者の推察の通りである。


民明書房のようだが本当の話だ。ちなみに画像の記述はウソである、たぶん。
67fa2_88_e702d844dd2afe52396e90f5dd96d829




th302d at 23:14|PermalinkComments(0)
Profile

たまごどん

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives