科学雑記

2021年06月20日

現代日本に必要なワクチン知識

今日のたまごどんが行く!は、Fizz-DIさんのツイッターの完コピです(<>の部分はたまごどん)。まずはこれを読んでから、ワクチンの安全性について議論しましょう。ここの記述に対するミスの指摘は歓迎します。


<科学的事実>
・mRNAワクチンの効果や安全性は、4万人規模の臨床試験できちんと実証されている(PMID:33301246)
・mRNAワクチン接種で、感染・発症・重症化・死亡が大幅に減るというデータも既に報告されている(PMID:33626250)
・新型コロナウイルス感染症は「ただの風邪」よりも致死率が高い
・3〜6割の人に疲労感や呼吸困難といった後遺症が現れる(PMID:33753937)
・後遺症で4割の人がQOL低下、味覚障害も10%ほど残る(PMID:32644129)
・一度退院できても、再入院/死亡リスクは高い(PMID:33315057)
・ワクチン接種でも「副反応」は起こるが、重篤なものは少ない(ただし2回目は頭痛40.4%、発熱21.5%と高いので注意:PMID:33818592)
・もしアナフィラキシー(0.0011%)が起きても、重篤なものにならないよう、接種会場では適切に対応する準備が整っている

<判断のポイント>
・mRNAワクチンの接種で、感染・発症・重症化・死亡するリスクを大きく減らせる、という事実をまず知る
・mRNAワクチンの副反応と、新型コロナウイルス感染症を発症したときのリスクを、きちんと知って比べる
・悩んだときはいつもお世話になっている医師や薬剤師に相談する

<ワクチンの基礎知識>
・mRNAワクチンも、きちんと必要な手順や工程を踏んで承認されている
・これだけ早く実用化できたのは、技術が確立されていたこと、金銭的コスト度外視で開発できたこと、ウイルスを使わず作れたことが主な要因
・ワクチンの効果が十分に発揮されるのは「2回目接種から2週間」経ってから
・ワクチンの効果も100%ではないので、「接種したのに発症する」ことは当然起こり得る(だから感染対策は続ける)
・ワクチンの長期的な安全性データはまだ存在しないが、mRNAの特性(すぐに分解されてしまう)上は考えにくい
・新型コロナウイルス感染症を発症した際の長期的な影響もわからない(むしろこちらは短期的にも悪影響が大きそう:PMID:33753937、32644129、33315057)
・「mRNAが自分のDNAに組み込まれてウイルスになる」なんてことは、高校生物を習っていれば「起こり得ない」ことがわかる
・もしも注射でDNA改変が可能なら、あらゆる遺伝病は既に撲滅済みで、整形手術ではなく「美男美女になるDNA改変ビジネス」が流行っているはず
・「湖に生贄を捧げたら雨が降った、だから日照りが続いたら生贄を捧げろ」という主張は短絡的だ、ということを多くの人は理解できる
・ワクチン接種がよく「一時停止」するのは、安全性のデータをきちんと追跡・監視しているから
・mRNAワクチンは、mRNAと脂質が主な組成です。
・mRNAワクチンに水銀やアルミニウムといったものは含まれません。
・胎児の細胞、虫の細胞といった意味不明なものが入った医薬品は存在しません。
・米国で約90,000人の妊婦さんにmRNAワクチンが接種され、現在のところ安全性の懸念は報告されていません(不妊になるというデータもない)。
・日本の国立成育医療研究センターも「妊娠を理由に接種を控える必要はない」としています。
・ワクチンに「ウイルスそのもの」は含まれていない(ウイルスの”ごく一部”の、それも”設計図(mRNA)だけ”が入っている)
・ワクチン接種で「ウイルスに感染する」「体内でウイルスが増える」ということは起こらない
・持病がある人は、新型コロナウイルス感染症も重症化しやすいため、積極的にワクチン接種をした方が良い、というのが原則
・ただし、状況によっては薬や接種のタイミングを調整した方が良いこともあるので、週刊誌ではなく主治医とよく相談する







th302d at 10:21|PermalinkComments(0)

2021年06月18日

福島処理水が無害では困るニダ!

福島処理水の海洋放流処分の影響は少ないと、韓国の原子力学会は見解を発表している。記事によると今年の4/27のことだ。たまごどんはこのニュースを知った時に、「韓国にしては珍しくマトモな主張だな」と思い、少々違和感があったことを覚えている。

案の定というか、こういう結果になったらしい。韓国は科学的な判断よりも政治的な判断が優先される国ということだ。


まあ、こっちの方がたまごどんはシックリくる。韓国の行動として整合性があるという意味でだ。


th302d at 01:22|PermalinkComments(0)

2021年06月14日

事実は同じでも、印象は変えられる

新型コロナ下でのG7が終了した。まずはG7閉幕後の記念写真と、各国の1回以上のワクチン接種率を示した画像を見て頂こう。コロナ接種率がG7で日本が最も低いことを揶揄した画像だ。
E3pEBd8UUAU5_jt











これを見た人から、同じ写真+新型コロナでの死亡率を記載した画像が出された。この方は「1国だけとんでもなく出遅れてるコロナ感染後進国がありますね。」と発言していて、なかなかエスプリが効いている。
E3tyTrkVgAE6PDp











さらに、別の方から、超過死亡者数の情報が寄せられた。超過死亡者数の意味は、コロナで亡くなった人数から、コロナ以外で亡くなった筈の人数の差分という定義のようだ。後者は過去の年間死亡率と今年の年間死亡率との比から求めるのだろう。G7では、日本だけがマイナスになっている。
E3uZ5cJVUAU__OQ















これらの情報は全て正しいが、受け取る印象は変わるはずだ。間違いなく言えることは、どのような視点からの事実を取り上げるかで、受け手の印象をコントロールすることは可能ということだ。現代社会は、その様々な視点を調査するためのツールが大きく発達している。決まった見方や片方の意見の方だけを聞いて、全ての背景を分かった気になるのでは、情弱と言われても仕方あるまい。


実際のツイッターでのやりとりを引用しておきます。



th302d at 23:48|PermalinkComments(0)

2021年06月11日

母子家庭への所得支援データから、男女平等について考えた

橘玲氏のもっと言ってはいけないに、アメリカにおける母子家庭への所得支援効果の紹介と、日本での母子家庭支援策について触れていたページがあった。同書のP81〜82を要約して紹介する。

*******************************************************
母子家庭の世帯所得を増やすにには、行政からの生活保護、父親からの養育費、母親の勤労所得が考えられる。母親が働けば子供の世話をする時間が割かれるので、所得の増加が教育効果に直結するのなら、生活保護と養育費は同等の効果で、勤労所得がもっとも効果が低いはずだ。

だが調査結果は、最も教育効果が高いのは養育費で、次いで労働所得、生活保護の順番だった。どうも生活保護の受給による自尊心の低下があるらしい。日本では養育費を払う父親は2割程度しかおらず、母子家庭の相対的貧困率が54.6%と、先進国の中で群を抜いて低い。母子家庭が生活保護を受けやすくしても、アメリカの研究から考えて、その効果には疑問が残る。

ここからは正確に引用しよう。
>それよりも単独親権の制度を共同親権に変え、離婚後の父親にも親としての権利を認める一方で、養育費の強制徴収など支払い義務を徹底させた方が効果は高そうだ(日本では離婚後の親権を母親が持つことがほとんどだが、夫婦関係の有無にかかわらず親であることは変わらないのだから、先進国では共同親権が主流になっている)。(同書p82)
*********************************************************

ちょっと紹介が長くなってしまった。たまごどんは男女平等をちゃんと進めるべきと考えている。養育費を子供に払わない父親はダメだし、別れた夫と子供との面会を拒否する母親もダメだ。もし共同親権制度が日本にあったら、ハッシーの子供連れ去り事件は起きなかっただろうし、彼が将棋界から引退することもなかっただろう。ハーグ条約を蔑ろにした子供の日本連れ去り事件も大分減るのではないか。

また共同親権制度によって、別れた夫からの養育費未払いも減りそうだ。これは、親権が自分にあることで、子供と自分との人生はこれからも続くのだと考える夫が一定数いるだろうからだ。「欧米では」と何かにつけて発言する人も、共同親権については声のトーンが低く、たまごどんのアンテナには引っかかってこない。

夫婦別姓についても法案化の検討をすればいいと思うけど、それよりも、共同親権+養育費の支払い義務強化のセット法案の方がたまごどんは重要に思える。この法案は母子貧困家庭の救済になり、実子と会えずに苦悩する父親を救い、親権欲しさに虚偽DVを訴える冤罪事件を無くす、男女平等を促進する法案なのだから。

D8OYxefVUAMa0jV (1)


th302d at 06:18|PermalinkComments(1)

2021年06月08日

ワクチンの情報

ワクチンの有益な情報
その1




その2



その3
大規模集団接種会場の舞台裏


1日に2000人分を準備

正しい情報を提供してくれる方々に感謝します。たまごどんも早くワクチン接種したいものです。イザという時にアビガンで勝負することを考えていたのが2020年の4月だ。僅か1年ちょいで麻疹ワクチン並みの効果があるワクチンが出るとはねえ。

今年のノーベル医学生理学賞は、m-RNAワクチン開発者に贈ってあげてほしいな。


th302d at 22:44|PermalinkComments(0)

2021年05月05日

「カップ麺の残り汁を流すと」の記事



「カップ麺の残り汁を流しに捨てると」という調査記事を見つけた。希釈だけで環境基準のCODにはなかなか到達しないことが書かれている。これを読んだたまごどんの感想は、「カップ麺を残さす食べて出したウ〇コの下水と比較しないと意味ないのでは」というものだ。記事中には「食べて下水道の負荷を減らすという方法もある。」と書かれているので、やんわりと比較しているんだろうか。

希釈だけで環境基準のCOD値にするオペレーションは非現実的で、下水は沈殿槽から反応タンクに送られ、バクテリアのような微生物の住む汚泥(活性汚泥)で浄化されていく。たまごどんは水質関係第一種公害防止管理者の有資格者です。

この記事の意図は、「カップ麺の残り汁を流しに捨てるな」という啓蒙なのかなあ。新聞紙で残り汁を吸い取って可燃ゴミとして出すことが推奨されているけど、この方法も低温焼却だとダイオキシンを発生させるはずだ。

>SNSには「下水処理されるから大丈夫」という声がある一方で、「水環境や下水道インフラに与える影響は大きい」などの声があがり、メーカー側も「流しに捨てることは問題ない」とコメントしている。

結局はメーカーのコメントが正しいと思う。下水道はプロが管理および運営していますので、信頼してあげてください。カップ麺は美味いけど塩分の取りすぎも気になる人は、残り汁を下水に流してバクテリアに処置をお願いしましょう。

th302d at 23:21|PermalinkComments(0)

2021年04月19日

「根深い日本のワクチン嫌い」は誰が作ったのか

毎日新聞が「根深い日本のワクチン嫌い 信頼度高めるためには何が必要か」という記事を有料で配信していて、たまごどんは毎日新聞の面の皮の厚さにビビってたじろいた。ビターン!



たまごどんとしては、ここで紹介したことでこの記事を課金して読む人が居ないように望んでいる。なぜか?根深い日本のワクチン嫌いを生んだ責任者の一人が毎日新聞だからだ。上昌弘氏の記事がよくまとまっていた。

上氏はHPVワクチンの有効性と安全性が証明されていることを列挙し、メディアが自らの報道を検証することが大事と説く。

**************************************************
2016年4月3日現在、全国の新聞記事をほぼ網羅しているデータベース「日経テレコン」を用いて、「子宮頸がんワクチン」で検索すると、大手全国紙5紙は計1036本の記事を配信しているが、このうち「副反応」、あるいは「副作用」を含むのは455本 (44%)だ。この間、WHOに言及した記事は43本、CDCは3本、EMAに至ってはゼロだ。

今回、提訴した「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」が、厚労省に接種中止を求める嘆願書を提出した2013年4月8日以降に限定すれば、合計578本の記事のうち、399本 (69%)が「副反応」あるいは「副作用」に言及していた。読者には世界の趨勢についての情報は提供されず、ひたすら副作用の記事を読まされたことになる。

大手新聞社の中には、いまだに方針を変えていないところもある。今回の提訴を受けた記事で、WHOの見解を紹介したのは朝日と産経新聞だけだった。読売・毎日・日経新聞は取り上げなかった。国民に「正確」な状況を伝えるため、マスコミは、どこかで方向転換しなければならない。
***************************************************

ワクチン接種で副反応が出た患者側に立って報道すること自体は正しいし、報道のあるべき姿だ。しかし、副反応の発生率やワクチンの有効性・安全性についても、正しい情報を出すことが報道のあるべき姿でもある。正しく恐れることを啓蒙するのがマスコミの使命だろうに。その上で「HPVワクチンは有効で安全性も高いが、副反応がある確率で発生し被害者が出てしまう。その被害者は国で救済するべきだ。」と論陣を張りましょうよ。この主張は医療関係者にも一般市民にも受け入れられて、国民的なコンセンサスが得られやすいと思うのだが。

毎日新聞社さんは、根深い日本のワクチン嫌いの原因について、自分の行動を振り返って自己批判をされてはいかがですかね。なんというかな、「私は通りすがりの人を包丁で刺したことは認めますが、殺意はありませんでした。なぜ彼は死んだのでしょう?」という通り魔犯の供述を聞いた時の薄気味悪さという感じかな。

似たような感想がありました。

<追記>
画像を追加します。
E4NrxdOVcAQ1RUm


th302d at 23:06|PermalinkComments(0)

2021年04月15日

基本的に人は説得できない

原発処理水の海洋放出問題は、色々なことを示唆しているように思う。この問題については、ここが短くまとまっていて、面白かった。


記事で紹介されていた梶井綾子さんのツイートが素晴らしい。

>原発処理水放出反対の論理を見ていると、最初は「科学的に危ない(に違いない)」だったのが、「風評が払拭されない」になり、最終的には「たとえ科学的に安全で風評が生じず地元が許しても、こんな政府の下での放水は反対」という話になっている。

その通り。彼らは自分の間違いを認めて考えを改めるという王道を拒否し、議論のゴールポストを動かすという論者にとってあるまじき態度を取ることを選ぶのだ。ジャジー氏のように。

「処理水の海洋放出を反対派が認めるまで行わない」は、「永久に海洋放出しません」と全く同じ意味になる。彼らを説得しようとは思わない方がよく、「科学的根拠に基づいて議論しましょう」でよい。

韓国の抗議も同様に対処すればよい。彼らは韓国の政治、経済、軍事の行き詰まり状況から国民の目を逸らさせるために、無害と分かっている海洋放出に抗議し、反日行動をしているのだ。そんな彼らにも説明をして理解を求めておきましょうか。なに、フッ酸の輸出管理強化という前例に沿って進めればよろしい。

000159379_640



th302d at 23:48|PermalinkComments(0)

2021年04月13日

処理水の海洋放出決定を支持する

処理水の海洋放出が決定した。たまごどんはこの決定を支持する者だ。

>東京電力福島第1原発で増え続ける汚染水を浄化した後の処理水について、政府は13日、関係閣僚会議を開き、海洋放出する方針を正式に決めた。専用設備の工事や審査などを経て、2年後をめどに海洋放出に着手する。残留する放射性物質トリチウムは濃度が国の基準の40分の1未満になるよう薄める。2041〜51年ごろの廃炉完了目標までに放出を終える予定だ。

韓国がこの決定に抗議をしている。想定内のこととはいえ、腹立たしいのも事実だ。自国の重水炉から垂れ流しているトリチウムを釈明してから日本に抗議するのがスジってもんだろう。

たまごどんはこの件で、ツイッターで処理水の海洋放出を支持する論陣を張った細野豪志を見直した。逆に失望したのが小泉進次郎環境大臣。せくしぃ〜と叫ぶだけの小泉には期待できなかったか。「水道から出てくるトリチウム水を毎日飲んでいる」と発言したのは細野豪志だ。

たまごどんが出来ることは、海洋放出後に福島で獲れた魚を、腹いっぱい食べることかな。

th302d at 23:48|PermalinkComments(0)

2021年03月09日

首だけから再生するウミウシとな!

なんと、自分で胴体をぶった切って、首から再生するウミウシが見つかったという。


胴体から切り離した首でうごめく姿が、まあ気色悪い。首だけでエサを食べ始め、切断面は1日で完治、心臓は一週間で、そして全身は3週間で再生したそうだ。鬼滅の刃でいうと、下弦の鬼のチョイ下くらいの再生能力かな。

胴体を切り落とす理由としては寄生虫があるようだ。体がむず痒いから、胴体を切り落とすというのもなかなかに凄い。発見者は奈良女子大の大学院生である三藤さんは面白いテーマだから、頑張って研究してほしい。

00_m









たまごどんは、このウミウシを見て、あさりよしとおの宇宙家族カールビンソンを思い出した。画像の彼は頭だけで走り回っていたように思うのだが、画像が見つからなかった。
DqcDzotU0AAZBFv





th302d at 23:29|PermalinkComments(0)
Twitter プロフィール
たまごどんが好きなものは、野球、寿司、北朝鮮ニュース、選挙速報、将棋、囲碁、酒、プロレス、国際情勢などなど。自前のアンテナに引っかかったことを取り上げます。滋賀で子育てに勤しむ一児のパパ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives