歴史

2016年02月01日

慰安婦の事実は主張しないとね

日本政府が、慰安婦を強制連行した証拠は見つかっていないとする公式の立場を国連機関に伝えたそうだ。非常に良いことだと思う。事実を事実として発言しなくてはならない。発言しなかった場合、国際社会はそれを認めたことになるのだ。そう、クマラスワミ報告のように。

日本政府には、クマラスワミ報告が事実と違うと発言することも、合わせてお願いしたいね。

1452874599128



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:38|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2015年11月01日

慰安婦問題の出張所

たまごどんはここで、たんぽぽさんと慰安婦問題について議論している。たまごどんの調査結果は、「朝鮮半島における20万人の強制連行は無かった」というものだ。
http://taraxacum.seesaa.net/article/427627231.html

なぜかコメントをしようとするとエラーになるので、準備したコメントをここに公開しておくことにする。文字数制限にひっかかったのかと思い、何度か分割してトライしたが、ダメだった。


===================================================
>ご紹介の碑文には「韓国・朝鮮人だけで」とは書いていないようですよ。
>単に「20万人以上」とあります。

韓国人が主張しているのは、自国民の女性が20万人組織的に誘拐されたという説です。韓国人のシンシアリー氏の本から引用します。元記事は1992年3月23日の東亜日報です。

「英国のサンデーテレグラフ紙は二十二日、日本帝国時代の従軍慰安婦に関する記事を国際ニュース欄全面に載せ、当時日本政府と軍の蛮行を詳しく報道した。発行部数約百万部のこの新聞は、当時従軍慰安婦動員責任者だった日本人、吉田清治との会見を通じて、日本政府と軍の首脳部が組織的に十六〜二十万人(ほとんどが韓国人)の婦女子を誘拐、レイプすることに直接参与したと報道した。」
(韓国人が暴く黒韓史 扶桑社新書 p175)

吉田証言が虚偽と分かったときの、韓国の反応は次の通りです。
「それでも韓国政府は慰安婦強制連行を主張しているのか。」との問いに、ノ・グヮンイル外交部代弁人は、「証拠は数えられないほど多い。もっとも確実なのは慰安婦の肉声証言だ。」「誰もが強制だと知っている。証拠もあり、証人も存在する。満天下が知っていることを証明する必要はない。」
(前書p178を要約。元記事は2014年9月3日の朝鮮日報)

シンシアリー氏は「黎明の瞳(1991年MBCドラマ)」という反日ドラマを見て育ち、その中で出て来た慰安婦が本当の慰安婦の姿だと思っていたことを告白しています(前書p183-184)。

>1930年の朝鮮国勢調査によると、
>朝鮮人男性の識字率は36%、女性は8%でした。
>1940年代は多少増えているのかもしれないですが、
>女性とくに貧しいかたは、広告なんて読めないと思って間違いないです。(以下略)

これらのデータの出典が分かりませんが、当時の朝鮮人女性の識字率が低いことは確認できました。慰安婦募集の広告が業者向けだったという説は、私には眉唾です。電話か電報で用事が済むのに、新聞広告を介して業者同士が連絡を取る理由が分かりません。字の読める階層の女性(女性全体の8%)に向けた広告なんじゃないですかね。それに口コミで慰安婦応募を知った文盲の女性も居たことでしょう。

にしても、たんぽぽさんは日本統治が悪かったから朝鮮人の識字率や就学率が悪かったと主張しています。一方で、日本政府は識字率や教育水準を上げるために尽力したという記述もあります。私は後者の方が事実だと思っています。

*********************************************************
初代統監に就任した伊藤博文はこの状況(小学校が全国で40校未満)について、大韓帝国の官僚に対し「あなた方は一体何をしてきたのか」と叱責し、学校建設を改革の最優先事項とした。

日本統治下になると学校教育における科目の一つとしてハングルと漢字の混用による朝鮮語が導入されたため、朝鮮語の識字率は一定の上昇をみた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%B1%E6%B2%BB%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E6%9C%9D%E9%AE%AE
*********************************************************

>婦人・児童の売買禁止に関する国際条約が禁止している21歳未満の女性の国外移送

当時の日本は、年齢に関する第5条条項については留保しています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A9%A6%E4%BA%BA%E5%8F%8A%E5%85%90%E7%AB%A5%E3%83%8E%E5%A3%B2%E8%B2%B7%E7%A6%81%E6%AD%A2%E3%83%8B%E9%96%A2%E3%82%B9%E3%83%AB%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%9D%A1%E7%B4%84
念のために、現代の視点から善悪を論じているわけではありません。

>ほかになれる職があるなら、わざわざ慰安婦になることはないからです。

現在の性風俗産業で働いている女性にとって、他に職が無いからという理由もないとは言いませんが、割合としては低い気がします。高給に惹かれて自発的に慰安婦になった例が少ないという学説を唱えている方は誰で、どういった根拠からそう判断しているのでしょうか。

>狭義、広義の区別とはそういうことですか。
>そのような区別をすることに、わたしは意味があるとは思えないです。

>重要なのは日本軍が「慰安所」「慰安婦」を作ったことです。
>暴力的手段で連行しようと、詐欺で騙して連れてこようと、
>犯罪であることに変わりはないです。

国際社会では大きな意味を持ちます。当時の日本政府や軍がポコ・ハラムやISISのように少女を誘拐してレイプしたのであれば、その罪を糾弾されてしかるべきです。しかし事実は違います。たんぽぽさんの理屈では、少女を誘拐しレイプした罪と、慰安婦を集める業者にお目こぼしした罪とが同じになってしまう。日本軍が実際に犯した罪は認め、クマラスワミ報告の誤りは正し、20万人の強制連行のような妄言は否定することが重要だと考えます。

当時は公娼制がありましたし、慰安婦が特別に悪いという認識はされていませんでした。例えば従軍記者に慰安所で接待した記録もあります。もちろん慰安婦の存在を自慢することではありませんが。

>元慰安婦の金福童さんの証言
>これかな?

私は、この方の証言が信用できないと考えています。

>>10月23日コメの1および2についての回答をお願いします
>両方とも答えていますよ?

どこで答えているのかよく分かりませんので、たんぽぽさんの書き込み全体から以下のように推定しました。これで間違ってないですか?
1.韓国人が女子挺身隊と慰安婦を混合していたという可能性はないと考えている。
2.日本軍人が現在の韓国に住んでいた一般市民を、暴力手段を用いて連行し慰安婦にした事実は無い。

===================================================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 07:03|PermalinkComments(23)TrackBack(0)

2014年08月16日

吉田証言とクマラスワミ報告

いわゆる吉田証言が虚偽であることを朝日新聞が認めたということで、慰安婦否定派の運動が高まっている。吉田清治の証言が信憑性に乏しいことはかなり昔から分かっていたようで、朝日新聞が30年間も頑なに訂正しなかったことで、日本の国益を害したことは間違いない。

さて、国連人権委員会に報告された「女性への暴力特別報告」に関する報告書、つまりクマラスワミ報告では、この吉田証言が引用元になっている。つまり、銃剣で女性を脅して女性を性奴隷にしたという、現在のイスラム過激派ISISのような行動をしたことになっているのだ。元の証言が虚偽だと明らかになったのだから、これも訂正してほしいものだ。クマラスワミ報告(以下はクマ報告と称す)の全文はここで読める。

たまごどんは、慰安婦問題をこう考えている。日本軍の行為は褒められるものではない。しかし、1965年の日韓基本条約で全て清算したんじゃないのか。クマ報告では「この1965年の条約が財産請求権のみを扱い、個人の損害については規定しないことに、本報告書は注目した。(p26)」とある。おいおい、個別請求権は韓国政府が負うってことだったんじゃないのか。日韓基本条約を読み直そう。

************************************
両締約国は、両締約国及びその国民(法人を含む。)の財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が、千九百五十一年九月八日にサン・フランシスコ市で署名された日本国との平和条約第四条(a)に規定されたものを含めて、完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する(個別請求権の問題解決)。
一方の締約国及びその国民の財産、権利及び利益において、一方の締約国及びその国民の他方の締約国及びその国民に対するすべての請求権であって1945年8月15日以前に生じた事由に基づくものに関しては、いかなる主張もすることができないものとする(相手国家に対する個別請求権の放棄)。
************************************

金永三大統領は慰安婦問題に関して日本政府にいかなる物質的保証も要求しない(クマ報告,p26)と主張していましたが、これは完全無視ですか?

たまごどんが分からないのは、クマ報告のp33にある108の記述だ。

************************************
108.本特別報告者は、サンフランシスコ講和条約も二国間条約も、一般的な人権侵害にもと特に軍性奴隷制にも関わるものではないという意見である。当事国の「意図」は、「慰安婦」による具体的な請求を対象としていなかったし、これらの条約は日本による戦争行為の間の女性の人権侵害に関するものでもなかった。従って、これらの諸条約は元軍性奴隷による請求は含まれておらず、日本政府には結果として起きた国際人道法違反の法的責任が残されているというのが本特別報告者の結論である。
************************************

お金も払ってお互いに「過去のことは一切水に流そう」と合意した後で、「いや、これはその過去の清算には含まれていないよ」ってか!?その強制連行シーンも虚偽では、どれだけの嘘が含まれていることやらだ。本当に、韓国の根性はどこまで意地汚いのかね。

これだけ韓国の主張に迎合する報告書だったら、吉田証言が虚偽であることを理由に見直してはいかがでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 18:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年08月15日

韓国大学教授の意見広告について

8/15ならば敗戦記念日について書くのがスジなんだろうが、それについては今までにも書いてきた気がするな。今日は、誠信(ソンシン)女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授がウォールストリートジャーナル電子版に、「歴史とともに平和を作ろう(Making Peace With History)」という見出しのドイツと日本を比較した広告について考えてみる。
韓国の意見広告











>左側のドイツの写真には「1970年ポーランドでひざまずき謝罪するブラントからメルケル首相までドイツは心のこもった謝罪と補償をした」と書いた。これに対し麻生太郎副総理、安倍首相、慰安婦に対し暴言を吐いた橋下大阪市長が登場する右側の日本の写真には「日本は早く過去の侵略史を認め心のこもった謝罪と補償をすることを望む」という文が記されている。

ふーむ、1965年に結ばれた日韓基本条約は、この大学教授にとって「謝罪と補償」ではないのだろうか。慰安婦20万人が嘘八百であること、竹島が日本の領土であること。こうしたことは、たまごどんの通常の知識になっているが、この事実も彼らにとっては戦争責任を反省していない態度ってことなのかね?そりゃ違うでしょうよ。

ドイツ首相はナチスが行ったユダヤ人虐殺について跪いて哀悼と謝罪をしたと、たまごどんは認識している。実際のドイツはギリシャの戦後補償要求を一蹴した筈だけど、これについてはソ教授はどう咀嚼しているんだろう。そして、日韓基本条約が当時の日本が最大限に行った謝罪と賠償ととらないのなら、一体何だとソ教授は思っているんだろうな。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月13日

とりあえず、チェルノブイリ事故の影響を知ろうじゃないか

チェルノブイリ原発事故 終わりなき人体汚染






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:00|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2009年11月09日

ベルリンの壁崩壊から20年

今日はベルリンの壁崩壊から20年になるそうだ。ふーむ、もうそんなに経つのか。

ベルリンの壁が崩壊したのは、東ドイツ高官の失言からだったそうだ。歴史の面白いところである。壁の崩壊は、ゴルバチョフやレーガン、サッチャーといった大物政治家が活躍する時代の嚆矢となった。

振り返って考えるとりやっぱり年とったあ。
(´Д`)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月26日

2・26事件

今日は2月26日である。今から73年前の昭和恐慌時代に、青年将校が「昭和維新・尊皇討奸」をスローガンに決起した。2・26事件である。東京に大雪が降る日だった。1400人余が目指したのは次の6人の命である。

岡田啓介(内閣総理大臣)
鈴木貫太郎(侍従長)
斎藤実(内大臣)
高橋是清(大蔵大臣)
渡辺錠太郎(陸軍教育総監)
牧野伸顕(前内大臣)

2・26事件では斎藤内大臣、高橋大蔵大臣、渡辺陸軍教育総監が殺害された。青年将校のロジックでは、天皇陛下はこの義挙を喜んで下さると信じて疑わなかったらしい。股肱の臣下の命を奪われた昭和天皇は「朕ガ股肱ノ老臣ヲ殺戮ス、此ノ如キ凶暴ノ将校等、其精神ニ於テモ何ノ恕スベキモノアリヤ」と発言している。

昭和天皇の「あっそう」しか知らない世代のたまごどんには、大元帥時代のこうしたエピソードが新鮮だ。おそらくは、若かりし昭和天皇は御前会議で烈火の如く怒ったんだろうなあ。余談になるが、この2・26事件といわゆる御聖断(ポツダム宣言受諾の決断)が、昭和天皇が立憲主義の枠組みを超えて判断行動した行為であると、彼自身が回顧している。

大日本帝国憲法ではあまりにも天皇の権限が強力なことから、東京帝大教授の美濃部達吉などが天皇機関説を唱えることになる。この時代の天皇は、まさに「神聖にして侵すべからず」の存在であった。って、これは今でもあんまり変わらないか。

結局、2・26事件は僅か3日で収束する。事件後に20名近くの死刑判決と自殺者2名を出し、日本は軍国主義に突っ走っていくことになる。昔話ですが、本当に昔話だピョンかな?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月07日

表現の自由の例外

映画『靖国』の上映をめぐる問題で、稲田朋美らの政治的な介入と圧力を批判して映画の上映を求める動きが起こっているようだ。「靖国」はどうやら記録映画らしく、そうであるならば別に規制する必要はないと思うんだけどな。終戦日の靖国参拝者の様子、台湾や韓国の遺族の抗議が写されているようで、それはそれで見ておきたい気がする。

「表現の自由」は日本国憲法の大きな柱であり、たまごどんはできるだけ例外を作らないほうがよいと考えている。簡単に言えば、日本国憲法は「軍部の暴走による戦争だけはゴメンだ」という精神が具現化されたものだ。9条がそうであるが、他にも日本国憲法第三章の国民の権利および自由がある。11条(基本的人権の享有)や25条(生存権)は大事な条文だ。

日本国憲法の誕生には、歴史に対する視点が重要である。先の戦争が国家のエゴをむき出しにした侵略戦争であり、日本の破滅であったと正しく認識するべきだ。現在の自由主義史観は自虐史観という名で東京裁判の結果を否定し、戦前の日本の行動を肯定している。

たまごどんが思うに、日本国憲法が持つ過去の戦争犯罪を否定する言論は否定されるべきだと思う。世に倦む日々でも言われているように、上映禁止になるべき映画は「靖国」ではなく、東条英機を美化した「プライド」であった。同じ敗戦国であるドイツは、憲法における表現の自由を、「何人も、他人の権利を侵害せず、かつ憲法的秩序または道徳律に違反しない限り、自らの人格の自由な発展を求める権利を有する」と定めている。憲法的秩序という一文が素晴らしい。

当時の戦争に諸説あって困るというのなら、徹底的に調査をするべきだ。日本一国などとケチなことはせず、韓国・中国・台湾・フィリピンなどの国際学会を開いてもらおう。大会終了後には「歴史的事実についてのコンセンサス」を明確にし、それに反している出版物を禁止しよう。以前にも主張したこのアイデア、ぜひ実行してほしいんだけどな。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月11日

同時多発テロから6年

WTCセンターに突っ込んでいったボーイング機の映像から、早いものでもう6年になる。現地では今でも遺骨のDNA鑑定をしているそうだ。ブッシュ大統領がテロとの戦いに乗り出したのは、この後すぐのことだ。

ブッシュは道を間違えたよなあ。拙速な対応によって、彼はルーズベルトになり損ねた。当時の国際世論は、ブッシュ大統領を完全に後押していたのだがな。

およそ3000人になるテロ被害者のご冥福をお祈りします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年08月04日

南京大虐殺の見解

たまごどんの中で南京大虐殺事件は、歴史上の一事件になっている。日中戦争で日本軍が中国側の捕虜を大量虐殺し、その中には民間人も多数いたという事件だ。南京大虐殺は、と学会会長の山本弘氏のHPに定義されているのがいいですな。

>1938年12月、南京に侵攻した日本軍は、南京市とその周辺で、国際法に違反した捕虜の大量虐殺を行なった。犠牲になった中国兵は数万人。殺された中には便衣兵(ゲリラ)と間違えられて連行された民間人も多数含まれていた。また、日本兵による略奪・強姦も頻発しており、その際に殺された人も少なからずいた。

もう少し述べると、南京事件での被害者数は5万人(誤差は+5万/-3万)というのが、たまごどんの結論。というよりも、ここ最近ネットを中心にその手のHPを読んでの結論だ。やってしまったことは認めなシャーないやん、他に方法があるんかいな。

正直言って、歴史的事実の検証にたまごどんはそれほど興味が無い。歴史家には重要なことなのだろうが、たまごどんの人生は有限であって、やりたいことが目白押しなのだ。いまのたまごどんにとって歴史探訪は優先順位が低いんだピョン。

ではなぜこの検証をしたのかというと、この歴史的事実を捻じ曲げようとする政治屋が、現在の日本に多数存在しているからだ。石原都知事の「南京大虐殺はウソだよ」発言とか、「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」の記者会見なんぞがなかったら、こんな事件は「織田信長は本能寺の変で自害した」といった歴史的事実として終わる話なのになあ。

たまごどんは、「南京大虐殺は日本軍が起こした歴史的事実だ」と認識した上で、30万人というのはいくらなんでもオーバーじゃないの?って中国政府に主張するべきだと思う。歴史的事実はイデオロギーじゃなくて、事実の検証作業で確定していくものじゃないのかや?

この事件を一から調べるのは大変な話だ。たまごどんが読んだHPではここここがよく纏まっていたけど、それでもこの分量!好きじゃなきゃ読まなくてもいいと思うなあ。南京大虐殺マボロシ説に「ホントかな?」と思ったときに、目を通せばいいんじゃないかと思うね。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profile

たまごどん

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives