たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

訃報

さようなら、ミホノブルボン

ミホノブルボンが老衰のため亡くなった。享年28歳。生涯成績8戦7勝、うちG3勝、G2勝の名馬である。

たまごどんが競馬を齧った時期に活躍した馬であり、戸山調教師と共に記憶している。戸山調教師が病床で書いた鍛えて最強馬をつくるは、当時のたまごどんの本棚にあった。生まれた当初のミホノブルボンの評価は低く、そのセリ値はわずか700万だったそうだ。

戸山調教師は栗東トレーニングセンターの坂路でミホノブルボンを徹底的に鍛え上げる。血統的にはスプリンターだったミホノブルボンだが、「スタミナ面の不安はハードトレーニングによって克服可能である」という戸山さんの信念だ。ウッドチップがクッションとなるために脚部への負担が軽減され、筋肉をいじめることが出来る。レースの時のミホノブルボンは、筋肉の鎧を身に着けていた。

ミホノブルボンは逃げ馬とされているが、その圧倒的スピードに他馬がついてこれないというのが正しい表現だった。生涯唯一の敗戦は、菊花賞でライスシャワーに負けた2着である。ミホノブルボンは幻の三冠馬となった。戸山さんは、菊花賞の敗戦はキョウエイボーガンの逃げを許した小島騎手の騎乗ミスだと断じていたが、これはよく分からないし、勝負事でタラレバはご法度だろうな。

引退後は種牡馬となったが、重賞勝ち馬には恵まれなかった。トレーニングの大事さを競馬関係者に改めて認識させたのが、ミホノブルボンの最大の功績になるのかもしれない。もちろん彼はそんなことと無関係に悠々自適に暮らし、28歳の大往生を遂げた。競馬ファンに愛された名馬に合掌。
・゚・ロ・ホ・ヨ・・ワ・・jpg

泉田純が亡くなったという

元ノアの泉田純が亡くなったようだ。死因は公表されていないが、どうも自殺ではないかと掲示板では噂されている。

泉田はノアを舞台とした詐欺事件で多額の金を巻き上げられた。その額は裁判で明らかになっただけでも8500万円とされている。裁判所は支払い判決を出すことは出来るが、成田真美も無い袖は振れないし、支払う気もさらさらなかったのだろう。

ノアを崩壊に導いたメンバー(三沢光晴永源遥仲田龍)は全員この世にいない。その後を追うように、泉田も旅立ってしまった。ついでにいうと、ノアの運営会社だった(株)ピーアールエヌも破産手続きに入ったという。仲田龍に本当は何が起きたのかが明らかになることはないだろうな、あまりにも闇が深すぎるよ。

格闘界からも訃報だ。元K-1ファイターのマイク・ベルナルドが自殺したという。うーむ、なんて日だ!

Cdt0lVWUEAIRk9OCdt0i6PUEAAPtmlimg_00e71514a

伊藤能六段の死

将棋棋士の伊藤能六段が亡くなったそうだ。享年54歳。

昔は奨励会の年齢制限が31歳だったが(現在は26歳)、年齢制限が迫る中でプロになったという苦労人の棋士だ。故米長邦雄永世棋聖門下で、彼の弟弟子には先崎九段、中川八段、中村太地六段が居る。

彼の親がクリスチャンだった影響で、彼もクリスチャンだった。米長永世棋聖が「イエスの子がノーとはこれ如何に」とジョークを言っていたのをたまごどんは覚えている。彼の死因はハッキリしない。クリスチャンだから自殺はしないと思うけど、先崎九段の追悼文から判断すると、経済的にはかなり窮していたようだ。

たまごどんは彼の死を今月号の将棋世界で知った。亡くなったのは去年の12月25日だそうだ。彼の通算成績は214勝327敗、決して一流ではないが、三段リーグを最年長で突破した棋士といえば今でも伊藤能さんだ。余談だが、その時の三段リーグで昇段しプロ入りしたもう一人の棋士は、いま渦中の人である三浦九段である。

故人に合掌。
205


ハーレー斉藤に合掌

元LLPWのハーレー斉藤が亡くなったそうだ。享年48歳。

たまごどんが女子プロを見ていた頃の選手なので顔と名前は一致する。キックが主体のレスラーだったけど、交流戦でもブレイクしないで現役を終えた。確かバット吉永とのささやかな抗争劇があった気がする。もっともたまごどんの記憶では彼女のことを「漫画が上手いレスラー」だったと思い込んでいて、調べてみたら、それはコンドル斉藤だった。いい加減な記憶力で正直すまんかった。

ほぼたまごどんと同年代なのに訃報が届くというのは寂しいものだ。彼女の画像は、たまごどんが記憶していた頃の現役時代のものにした。故人に合掌。

62a7188cf9e8f617c840ab031dbcaa3b

永源の死

元プロレスラーの永源遥がサウナで倒れ、そのまま息を引き取ったという。70歳になるんだそうだ。

これでノアを崩壊に導いた当事者(三沢、仲田龍、永源)は全員この世からいなくなったことになる。永源にはプロレス界と893の暴露本でも出してほしかった気がするけど、その願いが叶うことはなくなった。仲田龍は今でも死因不明だが、永源は自然死だろう。サウナで倒れたということはヒートショックかな。

たまごどんは、永源のマトモなファイトを見たことが無いなあ。唾攻撃しか記憶にないや。という訳で、今日の画像は、悪役商会できちんと仕事をしている在りし日の永源とした。

b3163dd2

二上九段が亡くなった

二上達也九段が亡くなった。享年84歳。

二上九段は通算勝率5割3分2厘だが、対大山戦でいうと45勝116敗というダブルスコア以上の差であった。それでも当時のNo.2棋士で、タイトル戦登場は26回を数える。そのうち大山戦は20回で、二上さんから見て2勝18敗という成績だ。要するに大山先生が化物だったということなんだろう。二上会長は大山さんの顔を見るのも嫌だったんじゃないかな。

二上九段は大学教授のような風貌で、弟子の羽生さんとは理知的な雰囲気がよく似ている。もっとも、羽生さんは誰が師匠であろうとも現在の羽生さんの地位を築いたと思うけど。二上九段は日本将棋連盟会長として14年勤めた。また詰将棋の名手でもあり、近代将棋の詰将棋の選者を長く務めた。将棋界への貢献は大きなものがあったと思う。

故人に合掌。
hutakami

肝付兼太さん、安らかに

声優の肝付兼太さんが肺炎で亡くなった。享年80歳。

肝付さんはスネ夫役以外にも多くの当たり役がある。肝付さんの声で命を吹き込まれたキャラクターは、たまごどんの成長を見守ってくれました。のみならず、自分の娘もホラーマンが大好きです。親子で同じ声優を好きになるという贅沢を味合わせて頂きました。

肝付さんが育んだキャラクターを並べておこう。三枚目を演じることが多かった、イケメンでダンディな肝付さんの写真も貼っておく。肝付さん、ありがとうございました!0708a_2014111112305477f
dfbf61c3_1270111449655
t01520235_0152023511092481781
o0500044213780732087

Fxwr7RMCgsyROmr0

紅音ほたるが亡くなったって!?

色々な方の訃報を取り上げてきた「たまごどんが行く!」だけど、元AV女優の紅音ほたるさんの訃報にはビックリした。享年は32歳だという。なんでも喘息の発作が原因のようだ。

彼女はAV女王として君臨した売れっ子だったし、たまごどんもお世話になった。ちょっとギャルっぽいルックスがたまごどんのどストライクとはならなかったので、そこまでファンだったという女優さんでもなかったけど、彼女の潮吹きは見事なものだった。

にしても、彼女の訃報を聞くことになろうとはねえ。

2048386692_5be2a378f2

さらば千代の富士

千代の富士貢が膵臓ガンのために亡くなった。享年61歳。ついこの前北の湖が亡くなってショックを受けたというのに、ウルフまでが亡くなったとは。このエントリでは昭和最後の大横綱の足跡を振り返ることにしよう。それと、週刊ポスト的大相撲史観による大相撲の八百長(注射)疑惑についても触れなくてはなるまい。

千代の富士は幕内最軽量になったこともある小柄な力士だが、その圧倒的なスピードと筋トレで培ったパワーで、出世街道を驀進した。大関は僅かに三場所で通過している。筋トレは左肩の脱臼対策だったが、結果的に千代の富士の力士寿命を大きく延ばすことに貢献した。頭を押さえつけての上手投げはウルフスペシャルと呼ばれ、立ち合いから前褌(マエミツ)を取るスピードは角界一だった。別格の強さだった北の湖と、千代の富士が唯一苦手にした隆の里が引退してからは、無敵を誇った。ここの対戦成績から、たまごどんチョイスで何人かピックアップしよう。改めて見ると凄い成績だな!

千代の富士 6-12 北の湖
千代の富士12-16 隆の里
千代の富士31-15 朝潮
千代の富士33-14 北天佑
千代の富士23−9 大乃国
千代の富士 8−6 双羽黒
千代の富士30−6 旭富士
千代の富士12−2 霧島

千代の富士は53連勝や通算1000勝超えという記録も打ち立て、国民栄誉賞にも選ばれることになる。

ここからは彼の負の側面を語ろう。週刊ポストが執念深く連載した大相撲の疑惑、すなわち注射だ。告発した板井によると、それに多く関与したとされる力士が千代の富士であるという。15日間の場所で、ガチ相撲は5−6番しかなかったこともあるそうだ。確かにさっきの対戦成績を見ても、ここまでの差はつかないだろうという気もする。

注射は、強い側の力士が「負けてくれ」とお願いするのが最も成立しやすい。負ける側にしてみれば、どうせ負けるなら少しでも回収したいからだ。千代の富士はガチで強く、後援者や懸賞金で懐は常に温かかった。八百長に応じない力士には、土俵上で制裁する力と技も兼ね備えていた。土俵に思いっきり叩きつけた寺尾戦は、千代の富士の制裁だったというのが、週刊ポスト的大相撲の見方だ。

彼の53連勝を止めたのは大乃国である。彼はガチ相撲で横綱にまで登り詰めた、週刊ポスト的大相撲史観では奇跡の横綱だ。彼が千代の富士を止めなかったら、連勝はおそらく双葉山の69連勝を超えただろうと言われている。


たまごどんは板井や大鳴門親方の命がけの告発が事実であることを疑っていないが、ガチ相撲ばかりで怪我人続出の場所になるのもいかがなものかと感じている。千代の富士は筋肉質の肉体で女性ファンを増やし、スピード相撲で玄人衆を唸らせ、横綱の座を狙う小錦を筆頭とした外国人力士を返り討ちにし、現役最後の場所で、横綱の器と認めた貴花田に王者のバトンを渡した。これ以上ない覇者の交代劇だった。

さようなら千代の富士。

default_359a4c71d887fa3c0b194a65aacda5ef

モハメド・アリの死

モハメド・アリが亡くなった。享年は74歳。最後はパーキンソン病に関係する呼吸器疾患だったという。

たまごどんはアリの全盛期を知らないし、猪木との異種格闘技戦はたまごどんが5歳のときだ。でもプロボクサーとしての彼の知名度はマイク・タイソンと同格だろうか。蝶のように舞い、蜂のように刺す。ヘビー級にアウトボクシングを取り入れたこと、KOラウンドの宣言と実行によって、アリの人気は急上昇した。有言実行はファンが一番痺れるパターンだからなあ。

彼はむしろリング外の攻防が有名かもしれない。彼の全盛期は1960年代で、まだまだ黒人差別が露骨だった。ローマオリンピックで金メダルを取ったカシアス・クレイは、レストランで入店拒否をされたことで金メダルを川に投げ捨てた。彼は後にイスラム教に改宗し、モハメド・アリと名乗ることになる。マルコムXも絡んでいるんだよなあ。ベトナム戦争への徴兵拒否による王座剥奪もあった。

プロレススーパースター列伝によると、猪木戦ではアリが逃げ回ったということにされているが、さてどうか。世紀の一戦は、猪木の知名度を上げ、新日本プロレスの経営を傾かせ、真剣勝負は凡戦になるという教訓を後世に残した。

たまごどんとアリとの接点はアトランタオリンピックの開会式だ。聖火リレーの最終ランナーは、片手の震えが止まらない大男だった。アリだ!パーキンソン病を患っていたアリが聖火を点火できるのかたまごどんはハラハラしたものだ。彼が最終ランナーに選ばれた大きな理由は、黒人差別と戦ったアリを、黒人差別が最も強烈だったアトランタが認めたという意思表示だったのだろう。当時のたまごどんは、聖火がちゃんと灯ったことに安堵しただけで、そこまでの想いに至らなかったが。

アリ、ボンバイエ!!
14650238819681465023931369
Profile
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ