国際政治

2022年05月17日

どさくさに紛れてNATO入り

ウクライナ侵攻でロシアはエライことになっている。戦況を観察していたロシアの隣接国は、こう考えた。「ひょっとすると、今のロシアはウクライナで手一杯なんじゃね?」「おそロシアっていっても、こっちに軍隊を向ける余裕はないんじゃね?」「世界中が味方なんじゃね?NATO加盟国からも反対が出てこないんじゃね。」

という訳で、フィンランドとスウェーデンはNATO入りを正式に表明した。トルコが両国のNATO加盟に反対しているそうだが、どういった理由なんだろ?北欧諸国だけではなく、永世中立国のスイスもNATOに接近しているという。

北欧の国はロシアに色々と痛い目に遭ってきたからなあ。NATOは入れるときに入らないと、チャンスの女神はそうそう捕まりませんですよ。



th302d at 23:18|PermalinkComments(0)

2022年04月08日

上海市のロックダウン

今日はウクライナではなく、中国のことについて書く。上海市はロックダウンを宣言して、市民に外出禁止を強いている。市民一斉のPCR検査を実施するなど、中国らしい政策で新型コロナを抑えこもうと躍起になっている。

しかし、持病のある患者にも例外を認めずに外出禁止なのだ。このため、糖尿病患者がインシュリン注射を打てずに亡くなっているらしい。

食料が無くなり飢えを訴える市民の声も出ているようだが、中国共産党の偉いさんの耳には届かない。外出禁止令は市民全てが遵守している法律なのです。

なんというか、This is Chinaと言ってしまえばそれまでだけど。人権どころか人命すら、中国では軽いことなんだなあ。

th302d at 08:09|PermalinkComments(0)

2022年03月15日

明日、ロシアのデフォルト日らしい

紙切れ化が半端ないルーブルと、電子決済のために、ロシア国民は地獄の苦しみを味わっている。たまごどんがロシア人ならどうするかなあ。一か八か、ウラル山脈に向かってプーチン狩りかなあ。

ニュースで、明日(3/16)にロシアが外国債務の償還ができないことがほぼ確実で、デフォルトすると伝えていた。ウクライナ国民は、もう少し踏ん張ってくれい。





th302d at 23:49|PermalinkComments(0)

2022年03月14日

マクロン大統領に金ドン賞を

ウクライナ侵攻はまだ続いている。たまごどんは機をみるに敏なルカシェンコ ベラルーシ大統領が変節することを期待しているが、プーチンからウクライナ攻撃に参加しろと恫喝されているらしい。ルカシェンコの立場は、関ケ原で松尾山に陣取った小早川秀秋か。プーチン様に歯向かうと、どうなるか分かっているんだろうなあ、ワレ。

フランスのマクロン大統領には大事な仕事がある。
プーチンのガス抜きだ。側近を自身の粛清で亡くしたプーチンが話す相手は、マクロンをおいて他に居ない。

ほら、電話がきた!

20220314_130113

th302d at 13:14|PermalinkComments(0)

2022年03月04日

ロシア国民もプーチン大統領に怒っているようだ

世界中のロシア経済制裁により、ロシア国民の財産が目減りしているようだ。SWIFTからの締め出しによって、ルーブルは紙切れになっている。ウクライナ軍がロシア軍に勝つことは無さそうだから、今回の経済制裁の効果がロシアに回るのが先か、ウクライナ全土が占領されるのが先かという状況だ。

ロシア国民もプーチン大統領に怒っている。であれば、ロシアにも通信環境を確保して、ロシア人民の怒りの声を全世界に配信してもらう方がいいと思う。

th302d at 07:35|PermalinkComments(0)

2022年03月01日

プロパガンダ戦ではゼレンスキ大統領の圧勝

EU諸国から「ヨーロッパと言えるのかね」と冷笑されていたウクライナは、ゼレンスキ大統領のEUとの価値観共有発言と、キエフで陣頭指揮をとる宣言で、どんどん味方を増やしている。

タリバンは対話を促し、スイスは中立を辞め、ドイツは軍拡に踏み切り、スウェーデンは国是を翻した。そして、中国などの一部の国を除いて、世界中の国がロシアのデフォルトに舵を切っている。それもこれも、ウクライナから発信される映像情報によるものだ。

レジスタンスがウクライナ、ロシアが侵略者という図式が、国際社会に完璧に定着した。ひょっとしたらゼレンスキ大統領は、高杉晋作の奇跡を実現するかもしれない。




th302d at 13:08|PermalinkComments(0)

2022年02月27日

過去を紐解くと、ロシアに降伏することは死を意味する

どうしてもウクライナ情勢が気になってしまう。たまごどんが調べたところ、過去にロシアが攻め込んできた後の戦後処理は過酷を極める。なるほど、この記憶が生々しい旧ソビエト連邦の独立国家は、命がけで防衛戦争を戦い抜こうとするだろう。これについては日を改めて書きます。

ロシア国民を悪く言わないでというツイートを見た。あんなあ、今は攻め込んできているロシア兵を非難して、命を懸けて戦っているウクライナに援助することが優先されるのではないですかね。

th302d at 23:57|PermalinkComments(0)

2022年02月26日

本気のロシア侵攻

プーチンが賭けに出た。この賭博は、ウクライナ国民とプーチンの命がかかっている。おそらくプーチンの勝利は、ウクライナに傀儡政権を作り、これを他国に承認させることだ。傀儡政権までは作れそうだが、満州国と同じく他国の承認を得ることは困難だろう。いや、ウクライナ軍や人民の抵抗も強そうである。

ロシアに対する批判や非難はもちろん行われているが、そうした声がプーチンの行動を変えるとは思えない。ウクライナを支持するというメッセージとしては有効だろう。

世界の警察を降りたアメリカは軍事介入をしたくないし、できないのかもしれない。
たまごどんの見立てでは、近い将来のプーチン暗殺が一番可能性が高いように思う。暗殺方法はドローンによる爆殺か、ロシアのお家芸の毒殺か。




th302d at 23:42|PermalinkComments(0)

2022年02月24日

ロシアがウクライナに侵攻

ついにロシアがウクライナに侵攻した。プーチン大統領は核兵器の使用を匂わせているという。西側諸国との全面戦争も辞さないということか。ロシアが何を求めてウクライナ侵攻を決意したのかがまだ分からないようだ。


中国は表立ってロシアを非難していない。「これは、中国は台湾の侵攻も視野に入れているためだ」とするツイートがあった。中国ならそういうこともあるだろうなとは思う。たまごどんも日本政府を見習い、事態を注意深く見守りたいと思う。

main_90c6ccff6ea8510104afb933924691b7


th302d at 22:42|PermalinkComments(0)

2021年12月08日

北京オリンピックの外交的ボイコット

北京オリンピックの外交的ボイコットを、アメリカ・オーストラリア・イギリスが表明した。これはまだまだ続きそうですよ。

日本はというと、まだ態度を表明していないようだ。この流れに乗らない手はないと思うのだがな。選手団を派遣しつつも、中国の人権問題に抗議するこの方法。これは、できれば日本から国際社会に提案してほしかったのだけどな。

th302d at 23:35|PermalinkComments(0)
Twitter プロフィール
たまごどんが好きなものは、野球、寿司、北朝鮮ニュース、選挙速報、将棋、囲碁、酒、プロレス、国際情勢などなど。自前のアンテナに引っかかったことを取り上げます。滋賀で子育てに勤しむ一児のパパ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives