2020年02月13日

もうヤクなんてしないなんて、言わないよ絶対〜♬

今日はたまごどんの甥っ子の高校入試の結果発表がある日だった。会社から出てバスに乗り込むところまではそのことを覚えていたのだけど、スマホを開いて「槇原敬之 覚せい剤取締法違反で逮捕」のニュースが目に飛び込んできたため、甥っ子の入試結果のことが頭からすっ飛んでしまった。

クスリってのは止められないものらしい。たまごどんは昔TVで、「クスリをやめることは、自慰行為をやめることと同じだ」と言っていた医者を見た。クスリをやめる難しさを的確に表現した名言だと思う。ということは、井上陽水も、ASKAも、キヨマーも、ドリカムの西川も、長渕も、研ナオコも、押尾学も、クスリをやめるにやめられないのではないかな。

マッキーファンの奥さんも、「やっぱりクスリってやめられないんだねぇ〜」と嘆息していた。彼女はマッキーのコンサートチケットを購入していたが、彼の1回目の逮捕でツアーそのものが無くなり、チケットを返金してもらったという過去を持つ。うーむ、流石はたまごどんの奥さんだ、持っていますね。

そんなわけで、もう恋なんてしないの歌詞を深読みしてしまうニュースだった。恋人は金太郎ちゃんではなく、ヤクだったか。

あ、甥っ子は無事に高校を合格しました。

33ea239e7f68e09db067ce7b182556bf








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:52|PermalinkComments(0)

2014年12月22日

理研の扉

新橋の外人スナックで声高らかに歌ったのが、小保方さんをインスパイアして作詞した「理研の扉」だ。元曲は、聖子ちゃんの「夏の扉」である。

サビのところはこうだ。

=====================
<理研の扉>
スタップ! スタップ! スタップ!
理研の扉を開けて
私をどこか連れていって

スタップ! スタップ! スタップ!
細胞は光らない
裸のオファーが手招きをする
======================



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月07日

TOKAKUKA

今日テレビを見ていたら、ロバートの秋山が作詞作曲したTOKAKUKAという歌が流れてきた。これが殺人的な面白さなんだ!芸人の底知れぬ才能に触れたと思ったのは、レッドカーペット時代のバカリズムと、今回のロバート秋山ということになるかな。
その歌詞はこうだ。どうか動画を見て、腹一杯笑ってくれい!!

<TOKAKUKA  作詞作曲 秋山竜次>
いくぜ!
都がやってる区がやってる 都か区か 都か区か気になる
とにかく普通に気になる
都か区かそこだけ気になる
都がやってる東京芸術劇場   区がやってる浅草公会堂
都がやってる葛西臨海水族園 区がやってる新宿コズミックセンター
パンダ上野動物園 区がやってる?(都がやってる)
お買い物さ あきる野ルピア 都がやってる?(市がやってる)
誰が決めてる (都か区か?市か区か?)
ルールがわからない (都か区か?市か区か?)
いつもこうさ 情けないだろ
都がやってる (江戸東京たてもの園)
(わんぱく天国) 区がやってる
市がやってる (パルテノン多摩)
(新国立劇場) 国がやってる
都か区か 市か区か
郡か県か 府か国か





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月23日

長田先生は言いました

たまごどんは英語の勉強、物理や数学の勉強、囲碁の研究、将棋の実践をしたいと思っている。しかし、娘はそんなたまごどんの気持ちに関係なく、おしめを汚しては泣き、ミルクをモドしては泣くのだ。むむぅ、一日50時間が欲しいですのう。

という訳で、ブリトラの名曲「となりの柳橋」ですよ。

*************************************
長田先生が言いました
「お前に大学は無理だな。その成績じゃ 卒業もあやしいぞ。」
長田先生が言いました
「慶応大学に行きたいなら、1日50時間は勉強しろ。」
意地で受かって見返してやるぜ 偏差値30から 慶応へ
僕が行ったらどうするつもりだ
両目のめやに 取ってよ先生
毎日同じジャンパー着て 偉そうなことを言うなよ
アパート暮しでラーメンばっかり食ってて寂しくないですか?
結局 大学落ちて 予備校紹介された僕
全て 伊藤の実話でした
*************************************


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 00:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月04日

これはイカンということで〜♪

ワコールのリボンブラは皆さんご存知だろうか。何を今さらといわれるのだろうが、たまごどんは今まで知らなかったねえ。たまごどんの最近の情報に疎くなっているのがよく分かる、微笑ましいエピソードだ。

「♪はい ウデ上げて、ねじりましょ」無表情な外人女性が淡々と踊るダンスは、昔ちょっと流行った不気味な赤ん坊のダンスCMを思い出すねえ。あと、全盛期のWinkとも共通しているかなあ。なんでもこの踊り、「リボンブラ体操」と称して全国で踊られているらしい。YouTubeでもゲップが出るほど引っかかるわ。ひょっとすると、「てっぱんダンス」と同じくらい流行っているのかもなあ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月08日

悲惨な戦い

今日紹介するのは、なぎら健一が最も光っていた時代に発表された「悲惨な戦い」である。聴けば分かるが、架空の相撲におけるハプニングを題材にしたものであり、過激な表現は一切無いのに放送禁止になったという曲である。でも、放送禁止曲というよりも自主規制したらしい。曲も時を経るごとに歌詞が変わっているんだそうだ。ちなみに、このレコードのジャケットはなぎら健一が描いているらしい。

1286627897182





たまごどんもコミックソングが好きで、いつの間にか「なぎら健一」の名前を知るようになった。彼がギブアップまで待てない!に出演する前には知っていたのではないかな。要するになぎら健一は、たまごどんと同じくギャグと格闘技が好きなナイスガイなのだ。



たまごどんもなぎら健一みたいに、馬鹿やってお金を稼ぐ男になるはずだったのになあ。何処で道を間違えたんだろう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月09日

後世に残したい日本のロックバンド

6月9日はロックの日だそうで、後世に残したい日本のロックバンドが発表された。1位はB'zで、確かにあの息の長さや歌の上手さ、人気の高さからいっても納得できる。B'zはザ・ロックという感じだしね。

2位はBOφWY。20年以上前の曲だけど、今聞いても全然古びていない。たまごどんが高校生の頃は、カラオケはBOφWYかハウンドドッグかという感じだった。当時の新曲であるMARIONETTEは、誰が歌うかでピリピリしたものだ。



7位にRCサクセションが入ったのは、狂志郎が亡くなった影響もあるのだろう。たまごどんは10位にTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTが入っていることで、この選出に納得しました。彼らのカッコいい音に痺れてくれぃ!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:35|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年05月11日

CCBが凄い理由

奥さんと録画していた「ザ・ミュージックアワー」を観ていた。80年代特集ということで玉置浩二や岩崎宏美がゲストになっていた。奥さんは安全地帯が好きだったそうで、今でも歌が上手い玉置にご満悦だ。以前に聴いたレベッカのNOKKOが歌ったフレンズは酷かったからなあ。

そんな中で髪を七色に染め、ドラムを派手に決めながら歌っている映像が流れた。おおっ、C-C-Bだよ。曲は「Romanticが止まらない」。ヤッさんの息子が出ていた「毎度お騒がせします」を思い出すぜぃ!

後にも先にもボーカルがドラムというバンドは、たまごどんが知る限りC-C-Bだけだ。長い歌謡曲の歴史を考えると、これはモノ凄い快挙なのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:58|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年04月21日

万博実行委員会と岡本真夜に天晴れあげよう!

5月1日に開幕する中国・上海万博の“PRソング”は、岡本真夜の「そのままの君でいて」と瓜二つであることが明らかになった。また中国の盗作問題かよ、とたまごどんも諦めていたが、やはり中国も少しずつ勉強してきているようだ。万博実行委員会は岡本真夜に楽曲の使用許可を求めてきたのだ。

今から作曲し直して複数の歌手に練習させる時間はない。上海万博は中国の威信をかけた国家プロジェクトなのだから、コケる訳にはいかない。この土壇場で捻り出した案としてはなかなかのアイデアだと思う。岡本真夜が認めてくれれば、だが。

岡本真夜サイドの対応も素晴らしいものだった。楽曲が自分のものということを明らかにした上で、使用を快諾したのだ。万博実行委員会はホッと胸を撫で下ろしたことだろう。この岡本側の対応はもちろん単なる善意だけでなく、楽曲使用料や過去のヒット曲が労せずして宣伝されるという算盤も弾いている。実際、この事件による「そのままの君でいて」の宣伝効果は何十億円になるんじゃないかな?

このくらいレベルの高い問題解決は最近見ないね。中国で岡本真夜の好感度が上昇しているそうだが、当然のことだろう。企業言葉でいうと、Win-Winの関係構築ということかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月18日

マッチョドラゴン

日本の長い歌謡曲の歴史の中で、最低の歌い手は誰だろうか?実はこの答えは、プロレスファンを中心に結論が出ている。ドラゴンこと藤波辰爾の「マッチョドラゴン」だ。この歌を聴いた人は、その破壊力を思い知ることになる。

***********************************************
炎のドラゴンこと藤波辰巳が歌った『マッチョドラゴン』。
この曲を初めて聞いた時の衝撃は忘れない。
まさにドラゴンスープレックス級。

「死」を覚悟するほどに…、

爆笑した!

一本調子の歌いっぷり!
「♪いなづ〜まが闇を裂〜いて〜」

音程が異常に狂っている!
リズム感がいちじるしく欠けている!
発声の仕方が小学生のよう!
しかも滑舌まで悪い!
イイところは何もない!

しかもそれはイヤホンでラジオを聞いている時だった。
電灯を消し布団に横になってリラックスしていた時、
ふいに聞こえてきたドラゴン・ボイス!
夜中であり家族を起こしてはいけなかったため、
笑い声を立てられない状況!

苦しい!
助けてくれ!
しかしドラゴンは素っ頓狂な歌声でたたみ掛けて来る!

「♪極悪な敵に会〜えば〜、あ〜つく燃えるぜ〜。」
アンタの歌声の方が極悪だ!

結局布団に潜って笑うしかなかった。
ドラゴンスリーパー以上の苦しみを味わい、
自分はタップアウトした…。

藤波辰巳はプロレス界のスターである。
常に「かっこいい人」であり、そして強かった。
まさにヒーローであった!

だが。

この歌はすべてを泡に消えさせる。
それほどの破壊力だ。
藤波の歌唱はジャイアンそのもの。
聞く者の脳髄をブチ壊す。

**********************************************

ではお待ちかね、リアルジャイアンの歌を聴いてもらおう。



たまごどんはこの歌をカラオケで歌ったことがある。もし藤波の歌が採点基準だとしたら、たまごどんは250点取れるんちゃうかな?まあ、そんなことはなかったけれど。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th302d at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profile

たまごどん

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives