たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

ゲーム

サンシャイン牧場とポケモンGO

「mixi」などのソーシャルネットワーキングサービス上で展開されているゲーム「サンシャイン牧場」が、2016年8月26日正午をもって終了すると、運営元のRekooが発表した。さもありなんと思う。会員同士の相互協力がウリだったこのゲームも、課金イベントの乱発がユーザーに飽きられてしまっていた。ゲームをしなくなったマイミクは数知れず。運営元もやる気をなくし、ここ1年ぐらいは放置プレイが続いていたと思う。

たまごどんは牧場の開墾を全て終え、天空牧場に2マス分の開墾地を設けた状態である。糞ゲーだけど、糞ゲーを続けること自体は不思議と苦にならないのだ。会社に行く前に虫を取ったり水やりをしたりして、寝る前に収穫するということを延々としていた。たま子も手伝ってくれて、親子のコミュニケーションツールが無くなることがたまごどんにとっては一番の打撃かな。課金は一度もしたことが無い。

サン牧はミクシィ参加者を増やすことに貢献し、サン牧に勢いが無くなると同時にミクシィも下火になった。たまごどんの友達の多くはミクシィではなくFacebookで日常報告している。

今はポケモンGoをやっているたまごどんだが、レベル4のヨチヨチさんだ。モンスターを探してはみるものの、スマホのGPS検出に時間がかかるので、メンドくさくなっている。とりあえずはレベル5にならないとダメみたいなので、気長に続けていくつもりだ。

やくみつるがポケモンGOを批判している。正直いって、「人は人、自分は自分」でいいんじゃないだろうか。たまごどんには、スマホ片手にポケモンをゲットすることと、やくの趣味であるトイレットペーパー収集とで、優劣を付けろと言われてもとても判断できない。家族からの評価では、かさばるトイレットペーパー収集の方が不評な気がするけどな。

sample
102
Coc9aeHVIAAVnPY



その名も悪代官

たまごどんはゲームに疎く、今日紹介することはゲーマーにとって当たり前の情報なのかもしれない。しかし、たとえ恥をかこうとも見て見ぬフリをする訳にはいかないな。そのゲームの名は悪代官。私腹を肥やすニクいヤツが主役だ。

>プレイヤーは、悪徳商人からの賄賂を元手に、罠を仕掛けたり用心棒を雇ったりして、正義の味方を返り討ちにする。用心棒や悪代官の手持ちの武器だけで正義の味方を撃退することは難しく、屋敷内に多数の罠を仕掛け、罠の特性を考えて連携(コンボ)して利用することが基本となるため、影牢や蒼魔灯と同系統のゲームであると認知されることもある。

いや〜、たまりませんなあ。この仮想世界では、山吹色の饅頭を受け取りながら「お主も悪よのう」と笑うことが出来るのだ。ゲームでは遠山の金さんにビクビクし、見つかったときには「えーい仕方ない。やってしまえ!」と叫ぶことが出来るのだろう。やってみたいなあ。

だいぶ前にたまごどんがソフト売り場で見たのは、下の画像のように青色の悪代官の上半身と「悪代官」というインパクトのあるパッケージだった。見た瞬間に、なんじゃこりゃ〜〜あぁぁあと叫んでしまいましたよ。このシリーズは好評らしく、続編が多く出ている。このような高度なギャグを味わうことの出来る現代に生まれたことに、たまごどんは感謝しよう。

_SS500_


_SS500_
Profile
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ