たまごどんが行く!

たまごどんの日記なのら。

韓国

朝鮮半島をトランプとカールビンソンで読み解く

昨日たまごどん一家はネズミーランドから帰ってきた。残りのフレックス休暇は自己研鑽と体のメンテに使うつもりだが、たま子も元気一杯なので予断を許さない情勢である。

予断を許さないといえば、朝鮮半島だ。今のところ分かっていることは、米軍空母カールビンソンはインド洋に居て、朝鮮半島に向かってはいないことトランプ大統領が、朝鮮半島が歴史的に中国のものだと発言したこと同じくトランプ大統領が中国を為替操作国ではないと発言したこと、くらいかな。

では、たまごどんの推理を披露しよう。米中首脳会談で、トランプは朝鮮半島の非核化と中立化を中国の習近平に持ち掛けた。中国のメリットは、朝鮮半島の事実上の支配権をアメリカが認めることと、為替操作について当面触れないこと、そして在韓米軍の撤退だ。アメリカはコウモリの韓国を切ることで在韓米軍を撤退することが出来、オバマケアの撤回に失敗したトランプの得点にもなる。金正恩をはじめとする金一族はシリア空爆で脅して、亡命を強く迫った。亡命先はもちろん中国だ。中国にとってはアメリカに恩を売ることもできるし、北朝鮮に中国の言うことを聞く傀儡(核武装を指向しない新独裁者)を置くチャンスでもある。その傀儡は金正男の息子ハンソルになるかもしれない。

カールビンソンがインド洋に居る理由は、金正恩への執行猶予とみる。中国の説得が失敗に終わったらアメリカ単独の軍事行動に移るだろう。繰り返しになるが、トランプにとっては得点になるし、負ける心配がない戦だからだ。韓国が混乱するだろうが、その面倒は中国の仕事になっているんだろう。IMF危機から今日まで、韓国からの利益は十分吸い上げた。核ミサイルの目標地点が韓国ならやむを得ず、日本ならばイージスシステムで迎撃する。最初の一太刀さえ急所をハズれれば、いや急所にヒットしたとしても、金王朝は滅亡することになる。

歴史的に朝鮮半島が中国のものという発言はアメリカ国民へ向けたものだ。歴史的に朝鮮半島は中国のものだった→だから昔の状態になっただけなので、アメリカが負けたわけではなく正常化しただけだ、という理屈だ。

日本には逐一情報を入れている。日本を攻撃したらただでは済まないぞと北朝鮮には何度もアナウンスし、宗主国の中国の説得をお願いしているという状況だ。アメリカによる北への攻撃があるとすれば韓国の大統領選挙前だろう。これは大統領が決まると韓国だけ蚊帳の外という訳にはいかなくなるだろうからだ。

という訳で、朝鮮半島はかなりキナ臭い状況と思っている。長嶺大使も万一の事態に備えているはずだ。急ぎの用事でなければ、韓国渡航はお控えください。


朝鮮半島 異常あり

北朝鮮にアメリカ海軍が集結しているらしい。これは本気だな。米中首脳会談でアメリカと中国は金正恩が亡き後の世界について話し合ったはずだ。その結論はまだ分からないが、日本政府にもそのことは伝えているのだろう。邦人保護のために長嶺韓国大使を帰任させ、アメリカの軍事行動にすぐに賛同した。

アメリカが本気を出したら北朝鮮軍に勝ち目はない。大人と子供の喧嘩だ。北朝鮮が核ミサイルを使うつもりなら電撃戦でケリをつける必要がある。金正恩を暗殺するまで軍事行動を続けるだろう。勝ち目がない北朝鮮軍がクーデターを起こす可能性も高い。

北朝鮮が崩壊した後はどういったことになるのだろう。中国はアメリカ軍と直接対峙することになる事態を容認できない。統一コリアが実現するとしても、駐韓米軍の完全撤退でないと中国はアメリカの行動を支持できないんじゃないだろうか。朝鮮半島の核武装はアメリカが許さないだろう。

統一コリアは中国に吸収される気がするな。経済は既に中国に組み込まれているし、軍事的にも親中国に傾いている。アメリカはコウモリ外交の韓国を嫌っているだろうし、「お前ら中国に面倒見てもらえ」とトランプは判断しているのかもしれない。「だろう」とか「かもしれない」が多くなるが、先の見えない国際情勢が相手ということで勘弁してほしい。

米中の軍事境界線は朝鮮半島から対馬海峡に移ることになる。日本はどうするのだろうな。

駐韓大使の帰任

長嶺韓国大使を帰任させるようだ。

*******************************************
政府は3日、韓国・釜山の慰安婦少女像設置への対抗措置として一時帰国させた長嶺安政駐韓大使らを、約3カ月ぶりに帰任させることを決めた。

来月9日に行われる韓国大統領選の有力候補が慰安婦問題に関する日韓合意の見直しをこぞって主張する中、日本が手をこまねいていては、合意が空文化しかねないと危惧したためだ。また、北朝鮮の核・ミサイル問題が一層緊迫化し、日韓の連携を強化する必要性も考慮した。
*******************************************

まあ仕方ないか。このまま反日まっしぐらの政権が出来たら、抗議の手段すら失われてしまうだろうしな。反日バリバリの文在寅大統領が誕生したらまた長嶺大使を帰国させにゃならん事態になるんだろうし。にしても、北朝鮮も韓国も、外交シグナルを完全無視できるってのが凄いな。アメリカは北朝鮮への経済制裁カードを出し尽くしているので、一枚のきわめて強力な軍事制裁カードを持っているだけだ。そしてこのカードを使う可能性は日増しに上がってきている。邦人保護や情報収集のためにも、大使の帰任は必要なのだろう。

日本が切れる大使帰任以上のカードとなると、軍事的なカードは無い訳だし、アメリカとの絡みもあるけど国交断絶になるのかな。平和的に事を収めるなら、このくらいしか思いつかない。あーあ、次は廬武鉉の秘書室長が大統領ですか。人材が居ませんなあ、あの国は。
s_ice_screenshot_20170109-160239img_bd9e4a010f5a23a6af7317ebdfa6fe33134582400214


国旗を毀損するのは良くないって‥

面白いニュースが見つかった。THAADのレーダー配備を決定した韓国政府に中国人が怒って、太極旗を引き裂いたらしい。

******************************
今月中旬、天津市内の2カ所のジムで太極旗が引き裂かれる事件が発生した。また、瀋陽のあるホテルは最近、出入り口付近のフロアに「韓国人を踏み殺そう」という過激な一文が書かれた太極旗を敷いていた。
******************************

またまたぁ〜、いつも熱心に自分たちがやっていることでしょうに。ひょっとすると怒っているポイントはここかな?
「国旗を引き裂くのは韓国起源ニダ!」
14907773389521490772433661001korea

国政から退場した朴大統領

韓国憲法裁が全員一致で罷免決定したことにより、朴大統領は政治の表舞台から去ることになった。朴槿恵元大統領は、 占い師崔順実の国政介入事件をめぐり、検察と特別検察官の双方から共犯と認定されているので、逮捕・起訴される可能性があるようだ。リンクを読んだだけでも、崔順実の胡散臭さは強烈だなあ。

それにしても、ハンギョレ新聞の、朴槿恵「無能な4年」」…国内分裂あおり、外交空振りという掌返しの記事には恐れ入った。「川に落ちた犬は棒で叩け」か。朴大統領のバランス外交を褒め称えていた新聞はどこでしたっけね?

おっと、彼女はもう民間人なのだから、あまりグダグダと取り上げるのは止めておこう。韓国の規定によると、今日から60日以内に大統領選が行われる。ここを読むと、現時点では共に民主党の文在寅(ムン・ジェイン)氏が優勢のようだ。

**************************************
今月5、6日実施の聨合ニュースとKBS(韓国放送公社)の共同世論調査によると、支持率トップは文氏【たまごどん注:共に民主党の文在寅(ムン・ジェイン)のこと】で29.8%。次いで安氏【共に民主党の安熙正(アン・ヒジョン)忠清南道知事のこと】が14.2%、黄氏【黄教安(ファン・ギョアン)首相のこと】が11.2%と続いた。昨年12月の調査と比べ、安氏は9.6ポイント増、黄氏は7.8ポイント増と大きく支持を伸ばした。昨年末に過激な発言で「韓国のトランプ(米大統領)」と注目された共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)城南市長は6.3%と4位に落ち込んだ。
**************************************

選挙まで最大でも60日しかないけど、一時の熱狂で状況がガラリと変わってしまう国だから、だれが当選するのかはまだ分からない。でもご安心を。立候補の噂がある大統領候補者のいずれもが、熱烈な反日政策をとってくれるだろうことは確認しています。やっぱり、日韓関係はこうあるべきなのかもしれません。

30a3ef3e43215503db23aadaa4f1deab













いい画像を拾ったので、あげておきます。パンくんが邪魔ですけどね。
1489323129519

ひょっとするとこれが正常な日韓関係?

大使が居なくても、スワップが無くても、韓国は別に困らないということなのかねえ。たまごどんも、日本からアクションする必要はないと考えていますので、今の状態は願ったり叶ったりなんだけど。

韓国のアクションは朴槿恵大統領の弾劾審理が終わってからでしょうかね。

愛国者チキンレースの途中経過報告

(1) 仏像は我が韓国のものだ!
(2)100校に少女像を建てるわ!
(3)独島に少女像を設置するぞ!

もうなんかね、誰も解決に動いていないのが凄いなあ。

我こそは愛国者というチキンレース

京畿道(キョンギド)議会の議員34人が加入する「独島愛・国土愛の会」という団体が、竹島に慰安婦像を設置するための募金を始めたそうだ。これに慌てたのが韓国外交部だ。慰安婦像の問題が独島という領土問題に発展させてしまっては、日韓の和解なぞ夢のまた夢だ。今は日本の経済協力が必要なんだ。地方議員は引っ込んでいてくれ!慌てて火消しに走る姿は滑稽ですらある。

にしてもだ。いくら地方の議員とはいえ、この問題で韓国に理が無いこと、経済状況や国防の面からも日本との関係修復が急がれることくらいは分かるだろうに。独島への慰安婦像設置に動く俺たち・私たちの愛国心を見るニダってことなんかね。

韓国企画財政部の高官はスワップはいらないとも発言したという。あっそう。要らないんだったら会議はお終いにしましょう。吐いた唾は呑まんといて下さいね。

>2017年1月17日、韓国・聯合ニュースによると、韓国企画財政部の宋寅昌(ソン・インチャン)国際経済管理官(次官補)は「日韓通貨スワップ交渉の中断と関連して大きな影響はない」とし、「日本が議論の場に出てきたならば私たちも応じるが、このような状況で(私たちが先に交渉再開の)要求はしない」と述べた。

日韓合意時における慰安婦像の取り決めは大使館前からの撤去だけだった。道一本だけ移動するとか、道路から寺に移すとか、方法は色々とあったはずだ。釜山の総領事前とソウルの大使館前からの慰安婦像の撤去計画を示せば、日本の態度は軟化し、長嶺韓国大使を再び韓国に赴任させることになっただろう。国民に説明する理由は「ウィーン条約違反であるため」と繰り返せばよい。慰安婦像は撤去ではなく移動であることを強調して、慰安婦像問題をいったん収束させ、その代わりに国民から売国奴と恨まれる人間こそが国士だと思う。ポーツマス条約を結んだ小村寿太郎のように、嫌な仕事でもやりきることが為政者の務めでもあるのだ。

竹島への慰安婦像計画については、ここの記事が的を射ていた。少し引用しよう。

******************************************
>気は確かか。反省すべきは、竹島を不法占拠し、日韓合意やウィーン条約に反する慰安婦像を新設した韓国の方だ。ただ、「反日」に血道を上げる議員らに理性的な議論は通じそうにない。

>日本の首相官邸には「韓国を『反日』で一枚岩にさせず、分断するためにも駐韓大使の帰任は必要」との意見もあった。だが、国家間の合意を順守しないだけでなく、領土問題まで絡めて「反日」を騒ぎ立てる隣人に、日本人の我慢も限界に達しつつある。

> 「もともと、安倍首相は『慌てる必要はない。ボールは韓国にある』という姿勢だった。竹島への慰安婦像設置計画を知った以上、駐韓大使の帰任は相当先になるのではないか」(官邸周辺)。
*******************************************

全くその通り。次のイベントはアメリカの叱責か、中国の飴か鞭か。それとも韓国の経済クラッシュが先か、はたまた中国バブルの崩壊の方が先に来るのか。大穴は北からの先制攻撃かな。いずれにしても、日本としてはボールの行方を見てからアクションすることとして、まだまだ続きそうな「『我こそは愛国者なるぞ』チキンレース」をじっくり楽しむことにしましょう。

148465563872_20170117





澤田克己氏の記事に共感しました

今回の韓国大使と釜山総領事の帰国に関して色々なニュースや論説が出てきたが、たまごどんが読んだ中ではこの記事が最もスッと入ってきた。毎日新聞記者で前ソウル支局長の澤田克己氏が書いたものだ。非常に長いが、全文を転記します。本文中の中見出しは下線で表記しました。

********************************************
 韓国南東部・釜山にある日本総領事館前の歩道に昨年末、慰安婦を象徴する新たな少女像が設置された。日本政府は年が明けてから、長嶺安政駐韓大使と森本康敬釜山総領事を一時帰国させる対抗措置を発表した。大使と総領事を呼び戻すのは外交的にかなり強い措置であり、韓国側には戸惑いも感じられる。この問題を契機に改めて、慰安婦問題に関する2015年末の日韓合意について考えてみたい。

 今回、外交問題に発展した契機が釜山の少女像設置にあるのは明白だろう。韓国ではそれまでも合意に対する反対論が主張されていたが、日韓両国の政府はそうした主張から距離を置いていたので外交問題になりようがなかった。もっとも、日本が対抗措置を取った後でも「合意堅持」という点においては日韓両政府とも見解が一致している。だから、新たな少女像の設置やそれに対する対抗措置発動をもって「合意が壊れた」というのは正しくない。

問題になるのは「合意の精神」
 日韓合意に入っているのはソウルの日本大使館前に建つ少女像についてである。韓国政府は合意で、「公館の安寧・威厳の維持の観点から(日本政府が)懸念していることを認知」したうえで、「適切に解決されるよう努力する」と表明した。日本が10億円を拠出する条件でもないし、韓国が解決を約束したわけでもない。ましてや、釜山の日本総領事館前に少女像が建てられないようにするなどとは言っていない。

 ただし、大使館前の少女像に対する日本側の「懸念」を解消するよう努力すると表明しているのだから、新たな懸念材料を生じさせないようにするのは当然である。

 ところが、総領事館の建つ釜山市東区は世論の反発を理由に「設置を許可しない」という方針を覆して黙認に転じ、韓国政府も事実上これを放置した。設置後に撤去されるべきだという政府による明確な意見表明も行われていない。朴槿恵大統領に対する弾劾訴追で国政が混乱しているというのは、対外的な理由にはなりえない。

 もちろん民間団体が私有地に建てるのなら、政府はこれを止められない。合意は民間を縛るものではないから、そういった行為を問題視するのは難しい。米国やオーストラリアに住む韓国系住民の団体が建てる少女像についても同じことを言える。日本では、少女像と聞くとなんでもかんでも日韓合意と結びつける人もいるが、これは解釈の幅を広げ過ぎだ。

 しかし、国際条約によって保護される大使館や総領事館といった外交公館前の公道への設置を黙認するという行為は、明らかにアウトである。本来なら合意があろうと、なかろうと問題があるのだが、わざわざソウルの少女像に言及した合意がある中での黙認だ。「他の公館前には少女像設置を許さない」と明示されているわけではなくても、「合意の精神」もしくは「趣旨」に反するとしか言えない。

 だからこそ日本側で強い反発を呼んだのである。特に、大使館前の少女像撤去は簡単ではないと考えていた日本の専門家や政府関係者が受けたショックは大きかったように見える。韓国側の対応を見守るべきで、性急な要求をするのは逆効果にしかならないと説明する論拠を失ってしまったからだ。正直に言えば私も、釜山の少女像が結局建てられたというニュースを見た時には、失望というより強い脱力感を覚えた。

日本側の対抗措置に韓国メディアが驚いた理由
 日本側の対抗措置は、大使らの一時帰国だけではない。日本政府は、金融危機時に通貨を融通しあう「通貨スワップ協定」再開に向けた協議の中断など、経済面での措置にも踏み込んだ。経済協力にまで影響を及ぼすことが適切かどうかは議論の分かれるところだが、韓国側に「日本の本気度」を伝える効果はあったように見える。

 私見では、ソウルの少女像に対する日本国内の反感の強さは韓国側にきちんと認識されていない。私は昨年秋、来日した韓国メディアの記者たち(主として政治・外交担当)との意見交換会で、日本の世論は少女像問題に極めて強い関心を持っていることを認識しておいた方がいいと伝えたのだが、韓国人記者たちはピンとこないようだった。

 日本側の対抗措置に韓国メディアが驚いた理由の一端は、ここにありそうだ。日本側の関心をきちんとフォローしていないから、「なんでこんなに激しい反発が出るんだ?」と驚いた。だから、「(対露外交など)安倍首相の相次ぐ外交失敗に失望した右翼保守層を結集させ、国内の支持基盤を固めようという意図が見える」(聯合ニュース)、「トランプ政権の発足前に韓国が外交合意に違反しているという主張をして、韓米関係を引き離そうとする動き」(ニュース専門テレビ・YTN)、「韓国の国政空白と米国の政権交代という時期をにらんだ日本の奇襲」(朝鮮日報)などという解釈が堂々と語られるのである。

 もちろん安倍政権の支持層に向けたアピールという面はあるだろう。だが、それは最初から日韓合意に不満を持っている人たちに「韓国のやりたい放題にさせるわけではない」というポーズを見せるためと考える方が自然だ。

 いたいけな少女をモチーフにした像は感情に強く訴える力を持つ。それは韓国世論に対してだけではない。日本世論を考えても、全く逆のベクトルではあるものの極めて強いインパクトを持つようになっている。韓国側がそのことをもっときちんと認識していれば別の展開があったろうと思われるが、現実はそうならなかった。非常に強い日本の対抗措置が、そのことを韓国側に考えてもらう契機になってくれればと思う。

合意は日韓双方の歩み寄り
 日韓両国の外相が2015年12月28日にソウルの韓国外務省で発表した合意内容は次のようなものである。

 すべての前提となる認識は、▽当時の軍の関与の下に多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、日本政府は責任を痛感している▽安倍首相は、日本国内閣総理大臣として心からおわびと反省の気持ちを表明する——というものだ。

 さらに両国の約束として、▽韓国政府が元慰安婦を支援するための財団を設立する▽日本政府が財団に10億円を拠出する▽国連など国際社会において相互非難をしない▽合意がきちんと履行されることを前提に、慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する——ことが明示された。

 日本は、慰安所の管理・運営に旧日本軍が関与していたことは認めている。そして、日韓両国間の請求権問題は1965年の国交正常化時に締結された請求権協定で法的には解決済みだが、女性の性的尊厳にかかわる慰安婦問題には「道義的責任」を免れないという立場を取ってきた。これに対して韓国側は、「日本政府や軍などの国家権力が関与した反人道的な不法行為」である慰安婦問題は協定で解決されたとはいえないと主張し、日本政府に「法的責任」を認めるよう要求してきた。

 日韓合意で「日本政府は責任を痛感している」という表現になったのは、両国が一歩ずつ歩み寄った結果だ。日本にとっては、どうしても日本の立場が弱くなる国際社会での非難合戦を止められるというメリットも大きかった。

当事者の7割が「合意に基づく事業」を受け入れ
 日韓合意に基づいて韓国政府が設立した「和解・癒やし財団」は、元慰安婦の名誉と尊厳を回復し、心の傷を癒やす事業を行うとされた。具体的には、合意時点で生存していた元慰安婦46人に対して1億ウォン(約970万円)ずつ、死亡していた元慰安婦199人については遺族に2000万ウォン(約193万円)ずつの支給を進めている。

 生存者は、7割を超える34人が受け取りの意思を表明した。昨年中に30人前後への支給が終わった。今年は、遺族への支給が行われることになっている。

 合意に反対する人々は「日本の謝罪は心からのものではないし、当事者の意思を無視した」と批判している。韓国では「カネを受け取ったハルモニ(元慰安婦)はだまされたのだ」という主張まであるようだが、ここまで多くの対象者がだまされたと断じるのは無理がある。

一方で安倍首相に対しては、合意発表時に自らの口で謝罪の言葉を公にしなかったことや、おわびの手紙を書かないのかと国会で質問された際に「毛頭考えていない」という強い表現で否定したことへの批判がある。岸田外相が読み上げた「日本国内閣総理大臣としてのおわびと反省」を首相自らがテレビカメラの前で口にしていれば、韓国世論に対してだけでなく、米国をはじめとする国際社会への力強い発信になっていただろう。手紙についても前例を踏襲するかどうかという話なので、少なくともそれほど強い表現で拒絶する必要があったかは疑問だ。橋本龍太郎氏から小泉純一郎氏までの自民党の首相4人は、アジア女性基金を通じて元慰安婦たちに「おわびの手紙」を送っている。今回も、想定されたのは同じレベルの手紙だった。

「当事者の納得する措置」を求めていた韓国
 なるべく多くの元慰安婦が存命のうちに問題解決を図りたいというのが日韓合意の出発点だったはずだ。いまや韓国では全否定の対象ではあるものの、朴大統領が「当事者の納得する措置が誠意ある措置だ」と繰り返していた時に異論をはさんだ運動団体や韓国メディアはなかった。それなのに、生存者の7割超が合意に基づく事業を受け入れたことを全く評価せず、ほとんど報道もしないというのは、どうしたことだろうか。

 こうした事実をきちんと踏まえた上で、なお残る問題点について指摘するのが筋ではないか。日韓合意に否定的な韓国の有力政治家も同じことだ。当事者の多くが受け入れたことへの評価を明確にしないまま、再協議や破棄を主張するのは無理がある。

 日韓合意は、1990年代初めに慰安婦問題が外交問題となってから初めての政府間合意だ。日本による一方的な措置だった河野談話発表やアジア女性基金が国際社会に広く知られることなく終わったのと違い、日韓合意は国際社会に広く発信され、米国や欧州諸国、国連など多くのアクターから歓迎された。それだけに両国とも現実には破棄など簡単ではないし、そんなことをしても得るものはない。破棄しようとしたり、蒸し返したりしようとすれば、かえって外交的なマイナス点を重ねるだけになりかねないだろう。

***************************************************

さて、かなり分析された記事だと思う。澤田氏は長く韓国に住んでいた知韓派で、脱日する韓国−隣国が日本を捨てる日韓国「反日」の真相の著者でもある。その彼にして、「正直に言えば私も、釜山の少女像が結局建てられたというニュースを見た時には、失望というより強い脱力感を覚えた。」と書かせたのだからな。

たまごどんは記事に完全に同意してはいない。謝罪の言葉だとかお詫びの手紙は一切必要ないとたまごどんは思っている。今回の最終合意は河野談話や小泉談話を否定するものではない。日本としては1965年の日韓基本条約で賠償は全て終わっているという立場に変わりはないのだ。日韓合意で約束したことを粛々とすればよく、それで「最終的かつ不可逆的に」慰安婦問題は解決する。日本政府は日韓合意で確約した財団への10億円拠出を既に行っていますけどね。

手紙を元慰安婦に書いたとしてそれで終わりにならないことは、河野談話という歴史が証明している。「泣く子は餅が一つ多く貰える」のだ。無駄なこと、失点に繋がりかねないことはしない方がよい。日本側は大使館前の少女像を撤去するように求め、韓国は努力すると返答した。それなのに、日本総領事館前にも少女像が立っちゃいました、テヘ♡というのが現状だ。何を考えているんだよ、こいつらは。日本側は進展があるまで傍観でよいと思います。

韓国人は本気で分かっていないのかな、日本人が韓国人に嫌悪感を持ってしまったということに。嫌われることをすれば嫌われます。お願いだからこっち見んといてください。

<追記:画像は日韓合意を進めるように韓国政府に要求するアメリカ高官です。2015年12月29日 NHK放送>
8a1fc8cd




頑張れ、未来世代が建てる平和の少女像推進委員会

えー、釜山の慰安婦像の周辺の横断幕12枚のうち4枚が毀損されたそうだ。韓国人はこの犯人が日本人だと思っているらしい。ふーん、確かに日本人かもしれなけれど、たまごどんは韓国人の自作自演の可能性が一番高そうに思えるけどな。

この記事を読む限り、慰安婦像の移転は無理っしょ。たまごどんは「未来世代が建てる平和の少女像推進委員会」に頑張れとエールを贈ろう。長嶺大使と森本総領事もゆっくり休めそうですよ。



Profile
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ