社会科学

2021年06月11日

母子家庭への所得支援データから、男女平等について考えた

橘玲氏のもっと言ってはいけないに、アメリカにおける母子家庭への所得支援効果の紹介と、日本での母子家庭支援策について触れていたページがあった。同書のP81〜82を要約して紹介する。

*******************************************************
母子家庭の世帯所得を増やすにには、行政からの生活保護、父親からの養育費、母親の勤労所得が考えられる。母親が働けば子供の世話をする時間が割かれるので、所得の増加が教育効果に直結するのなら、生活保護と養育費は同等の効果で、勤労所得がもっとも効果が低いはずだ。

だが調査結果は、最も教育効果が高いのは養育費で、次いで労働所得、生活保護の順番だった。どうも生活保護の受給による自尊心の低下があるらしい。日本では養育費を払う父親は2割程度しかおらず、母子家庭の相対的貧困率が54.6%と、先進国の中で群を抜いて低い。母子家庭が生活保護を受けやすくしても、アメリカの研究から考えて、その効果には疑問が残る。

ここからは正確に引用しよう。
>それよりも単独親権の制度を共同親権に変え、離婚後の父親にも親としての権利を認める一方で、養育費の強制徴収など支払い義務を徹底させた方が効果は高そうだ(日本では離婚後の親権を母親が持つことがほとんどだが、夫婦関係の有無にかかわらず親であることは変わらないのだから、先進国では共同親権が主流になっている)。(同書p82)
*********************************************************

ちょっと紹介が長くなってしまった。たまごどんは男女平等をちゃんと進めるべきと考えている。養育費を子供に払わない父親はダメだし、別れた夫と子供との面会を拒否する母親もダメだ。もし共同親権制度が日本にあったら、ハッシーの子供連れ去り事件は起きなかっただろうし、彼が将棋界から引退することもなかっただろう。ハーグ条約を蔑ろにした子供の日本連れ去り事件も大分減るのではないか。

また共同親権制度によって、別れた夫からの養育費未払いも減りそうだ。これは、親権が自分にあることで、子供と自分との人生はこれからも続くのだと考える夫が一定数いるだろうからだ。「欧米では」と何かにつけて発言する人も、共同親権については声のトーンが低く、たまごどんのアンテナには引っかかってこない。

夫婦別姓についても法案化の検討をすればいいと思うけど、それよりも、共同親権+養育費の支払い義務強化のセット法案の方がたまごどんは重要に思える。この法案は母子貧困家庭の救済になり、実子と会えずに苦悩する父親を救い、親権欲しさに虚偽DVを訴える冤罪事件を無くす、男女平等を促進する法案なのだから。

D8OYxefVUAMa0jV (1)


th302d at 06:18|PermalinkComments(1)

2021年04月15日

基本的に人は説得できない

原発処理水の海洋放出問題は、色々なことを示唆しているように思う。この問題については、ここが短くまとまっていて、面白かった。


記事で紹介されていた梶井綾子さんのツイートが素晴らしい。

>原発処理水放出反対の論理を見ていると、最初は「科学的に危ない(に違いない)」だったのが、「風評が払拭されない」になり、最終的には「たとえ科学的に安全で風評が生じず地元が許しても、こんな政府の下での放水は反対」という話になっている。

その通り。彼らは自分の間違いを認めて考えを改めるという王道を拒否し、議論のゴールポストを動かすという論者にとってあるまじき態度を取ることを選ぶのだ。ジャジー氏のように。

「処理水の海洋放出を反対派が認めるまで行わない」は、「永久に海洋放出しません」と全く同じ意味になる。彼らを説得しようとは思わない方がよく、「科学的根拠に基づいて議論しましょう」でよい。

韓国の抗議も同様に対処すればよい。彼らは韓国の政治、経済、軍事の行き詰まり状況から国民の目を逸らさせるために、無害と分かっている海洋放出に抗議し、反日行動をしているのだ。そんな彼らにも説明をして理解を求めておきましょうか。なに、フッ酸の輸出管理強化という前例に沿って進めればよろしい。

000159379_640



th302d at 23:48|PermalinkComments(0)

2020年06月28日

BLM運動とPCによる言論の不自由について

BLM運動がますます先鋭化している。初代アメリカ大統領ワシントンや、独立宣言を起草したジェファーソンの像を引き倒すイエス像の引き倒しをBLM活動家が賛同者に指示する、アメリカ国歌の変更を要求する…。

文革かよ!と突っ込むわな。中国の文化大革命は、知識層を迫害した無知な共産党員によって国が無茶苦茶になった。毛沢東が死ぬまでの10年間で、文革による死者推定数は数百万から2千万人だ。ここまで国を無茶苦茶にした政策も珍しいと思う。

たまごどんは、反対意見を臆せずに主張できることがアメリカの強みだと思っていた。しかし、この行き過ぎたBLM活動への非難の声はあまりに小さい。どうなっているのかなと調べたところ、カリフォルニア大学バークレー校の歴史学部教授(匿名)の告発という記事を見つけた。

彼の主張はこうだ。刑務所に収監されている黒人が人口比よりも多いというなら、アジア系アメリカ人、インド系アメリカ人、ナイジェリア系アメリカ人が人口比よりも少ないのはなぜか。BLM活動家は対話を黙らせ抑圧することを目的としている。BLMと意見を異にすると、大学からの追放や雇用契約の取り消しが待っていることは明らかなのだ。黒人が黒人を殺してもBLMにはどうでもよく、黒人が白人に殺されたときのみ「黒人の命は大事」なのだ。小悪党のジョージ・フロイド氏は、白人警察に殺されたことでBLMのシンボルとなった。

彼の記述に全く違和感を感じないたまごどんは、アメリカでは生きていけなさそうだ。ポリティカルコレクトネス(政治的な正しさ:PC)が支配するアメリカでは、反対意見すら言えなくなっている。たまごどんはアメリカの良識をまだ信じているが、アメリカには言論の自由があるという時代遅れの認識を抱えている可能性もあるのか。「そんな名前の自由もありましたかねえ、へっへっへ。」

BLM活動に意見できない人間が「奇妙な果実」を作っている。こんな状況、キング牧師だってOKとは言わないと思うぞ。BLMの指導者だってアフリカに帰りたい訳じゃないだろ。社会活動は正当性がなくては続かないものだ。ワシントン像を引き倒すことで大衆からの正当な支持を得るとは、たまごどんにはどうしても思えないのだ。

写真はアルバート・パイクという南軍の将軍だった人の倒された像ということだ。倒されたワシントン像の画像が見つからないのだが、これもPCのせい?そんなことをしていたら、中国の情報統制を笑えなくなるぞ。
20200620at38S_p


th302d at 09:14|PermalinkComments(0)

2020年06月20日

アフリカン・アメリカンはどこを目指しているの?

Black Lives Matter運動が全米から全世界に広がっている。たまごどんは本多勝一のアメリカ合州国を読んだので、アメリカでは人種差別が存在しないというのが妄言だと理解するくらいにはスレている。現在も黒人差別はあるのだ。しかしなあ…。

BLM活動は明後日の方向に向かっている。アメリカ大統領の像を破壊し、風と共に去りぬの放映を禁止し、抗議集会で一般の白人を殴ることもしているようだ。あんなあ、黒人の有権者は選挙権もあるし、被選挙権もあるんだろ。大学だって、白人よりも入学が有利になっているんじゃないのか。本音ではともかく、人種差別はしてはならないことになっているのだ。

白人側も、「奇妙な果実」の手法で、黒人をリンチしているらしい。
おいおい、いつの時代の話なんだよ。それとも国が割れるまでやるのかね?

Collage_Fotor_Fotor


th302d at 23:41|PermalinkComments(0)
Twitter プロフィール
たまごどんが好きなものは、野球、寿司、北朝鮮ニュース、選挙速報、将棋、囲碁、酒、プロレス、国際情勢などなど。自前のアンテナに引っかかったことを取り上げます。滋賀で子育てに勤しむ一児のパパ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives