ウクライナ侵攻

2022年06月06日

好きな政治家はボリスジョンソン

たまごどんは、ボリス・ジョンソンという政治家が好きになってきたよ。自分の左足を食べちょるワニと交渉してはイカンですよねえ。

FUjRRXLUcAAi86e





とりあえずはだ。たまごどんとしては、彼の煎れてくれた紅茶を一杯所望しよう。


th302d at 22:00|PermalinkComments(0)

2022年05月17日

どさくさに紛れてNATO入り

ウクライナ侵攻でロシアはエライことになっている。戦況を観察していたロシアの隣接国は、こう考えた。「ひょっとすると、今のロシアはウクライナで手一杯なんじゃね?」「おそロシアっていっても、こっちに軍隊を向ける余裕はないんじゃね?」「世界中が味方なんじゃね?NATO加盟国からも反対が出てこないんじゃね。」

という訳で、フィンランドとスウェーデンはNATO入りを正式に表明した。トルコが両国のNATO加盟に反対しているそうだが、どういった理由なんだろ?北欧諸国だけではなく、永世中立国のスイスもNATOに接近しているという。

北欧の国はロシアに色々と痛い目に遭ってきたからなあ。NATOは入れるときに入らないと、チャンスの女神はそうそう捕まりませんですよ。



th302d at 23:18|PermalinkComments(0)

2022年05月06日

GWのニュースについて

今年のGWは近場で過ごしていて、移動が無いので大変に楽だ。かといって家族サービスはしなくてはならないので、イオンで映画鑑賞とか、ショッピングモールでお買い物&GWの子供向けゲームへの参加とか、外食とか、家呑みとかで、毎日何かしらのイベントで忙しい。もっとも家呑みはGWに関係ない行事の気もする。


GW中のニュースは、山梨県道志村の捜索とか、知床観光船の沈没関連とか、どうも緊急度の低いニュースが多い気がする。道志村の捜索はDNA鑑定が出るまで取り上げても仕方がないだろう。日本にとって重要性の高いニュースとは、ウクライナの東部戦線、円高・原油高を踏まえた日本の経済政策、コロナ関連、この三つだと思うのだが。

ウクライナ侵略戦争は全力で追っかけていいと思う。地政学的な日本の隣国はロシア、北朝鮮、韓国、中国、台湾で、台湾以外は困った国しか周辺に居ないのだ。ロシア産の原油や天然ガスを(一応は)見限っているG7に対して、ロシアがとれる外交カードが核ミサイル以外にロクな手段が無いことが、63人の入国拒否リストで明らかになった。彼らがロシアに入国できないからと言って、何か困るんでしょうか。

面白いのは対象者リストに二宮清純氏がいることだ。何をしたの?北京オリンピックでのロシアオリンピック委員会(ROC)のドーピング問題でも書いたのかな。あとは日本共産党の志位委員長が載っているのが面白い。このリストに載ったこと自体は、夏に行われる選挙で、共産党にプラスに働くのではと邪推する。

さてウクライナ戦線だ。ウクライナ軍はロシア軍から東部地域を奪還し始めている。西側諸国の武器供与はもちろんだが、明日は我が身のポーランド、フィンランドも本気でウクライナ軍を支援する構えだ。しかしTVニュースではマウリポリのアゾフスタリ製鉄所にロシア軍が突撃し、占拠したと伝えている。うーむ、戦況は一体どうなっているのか。ロシアが起こしたウクライナ侵略戦争についてメディアはもっと詳しく伝えてくれよぅ。

WGm_5Knp


th302d at 02:14|PermalinkComments(0)

2022年03月26日

ウクライナに勝利の目が出てきたようだ

ウクライナがどうも勝ちに近づいてきているようだ。ゼレンスキー大統領は奮戦しているものの、ロシアとの圧倒的な戦力差を考えると厳しいかと思っていた。しかし、思った以上にロシア軍の兵站がズタズタであること、ウクライナ軍の士気が高いこと、西側諸国が本気でロシアを潰しにかかっていることで、ウクライナ勝ちの目が出てきたように思う。

にしても、逆張りを良しとする橋下とかテリー伊藤とか、もう何周遅れだよというTVショーの演出は必要ないと思う。ウクライナ国民はロシアに対して、シベリア抑留の話を両親から聞いた子供くらいの感覚を持っている。ウクライナ国民にとってホロドモール(飢餓輸出)は、今現在の恐怖なのだ。

キエフを奪われることなくロシア軍を撤退させれば、ウクライナの完全勝利だ。頑張れ、ウクライナ国民。頑張れ、ゼレンスキー大統領。

r1280x720l





th302d at 23:51|PermalinkComments(0)
Twitter プロフィール
たまごどんが好きなものは、野球、寿司、北朝鮮ニュース、選挙速報、将棋、囲碁、酒、プロレス、国際情勢などなど。自前のアンテナに引っかかったことを取り上げます。滋賀で子育てに勤しむ一児のパパ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives